2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016年06月22日(水)

最後だなんて!!

昨日は、友達のAと会えた最後の日でした。

コロンビア出身のAは、旦那さんが大学でマスターを取得する為、
2年間という期限付きでシドニーに来ていたのだけれど、
1年以上前に、英語クラスで一緒になった後、偶然子どもたちが
同じ学校に通っている事が分かり、それ以来、ずっと仲良くして
きたのでした。

知り合いでもなく、お母さん仲間でもなく、本当の友達として、
家に招待してもらったり、カフェに行ったり、毎日、放課後に
おしゃべりをしたりする日々は、私にとって、本当に本当に
貴重でかけがえのない楽しい時でした。

Aと私は、お互いにあまり英語が上手ではなかったのだけれど、
そんな事全くお構いなしで、家族の事から学校の事、お互いの国
の事など、何でも何時間でも話せる仲でした。

もちろん、時には意見が違う事もあったけれど(バックグラウンド
が違うので仕方がないのかも・・。)ほとんどの場合は、
同じように物事を考えたり感じたりしていて、また、常に感情の
コントロールができているので(さすが、サイコロジスト!)
いつも笑顔でいてくれた事が、本当に心の安らぎとなっていました。

Aのシドニー滞在は、期限付きだとは分かっていたけれど、
いざお別れとなると、急に寂しさが込み上げてきました。
でも最後に、Aが私に何度も何度も、"You are special!"と言って
くれた事が、心から嬉しかったです。

こんなに気が合う友達には、なかなか出会えるものじゃない。
そう思うと、また寂しくなってしまいそうだけれど、
Aとの出会いに感謝して、再びAとskypeで話せる日を心待ちにしな
がら、また新たな出会いを楽しみにしていきたいと思っています。
スポンサーサイト
10:30  |  交流  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月19日(土)

完全脱帽!!

おんどパパの両親がシドニーにやって来てから、1週間。

すでに海外には何度も足を運んでいるお二人なので、元々何の心配もして
いなかったのだけれど、今回あまりの順応性の高さを目の当たりにして、私は
本当に驚いてしまいました。もうまるで、ずっとここに住んでいるかのような
錯覚!!あの滅多に人を褒めないおんどパパでさえ、「自分の母親ながら、
あの適応能力には驚いたわ!」 と絶賛する程!!

まず始めに、到着日の翌日には、もうすでにお昼ご飯と晩ご飯をご馳走に
なっていた私たち。(さらにはその翌日も!) 「何もなくてさ~」 なんて言われ
ながら出された食事は、すでに私が普段作る食事のレベルを遥かに超えて
いました・・^^;

さらには、あの行動力!毎日日差しが強い中でも、何の苦もなく外に出かけて
行き、あちこちを見周っては、お買い得の商品や興味深げな食品を見つけて
帰ってきます。そして、私たちが普段バスで行くような場所にでさえ、平気で
歩いて行ってしまうのです。(Cityなんて、軽く往復してしまいます!)
滞在1週間にして、もうすでにお二人は、私たちよりもいろいろな場所をよく
知っているのでした。

そして極め付けが、今週 「食べにおいで!」 と言われて出かけて行った際の
食事!すでにキッチンには、とても美しい太巻きがずらっと並んでいて、
「口取りにいいかなと思ってさ♪」 と用意されていたのは、下ごしらえを終えた
レバーと砂肝だったのでした。
レバーや砂肝は、私は居酒屋等外で食べる物だと思っていました。それが、
まさか家庭料理として出てくるとは!しかも、シドニーで食べられるなんて!!
その後、数少ない調味料で味付けされた2品は、本当に絶品でした♪
あまりの美味しさに、恥を忍んで調理方法を聞くと (お母さんは私が料理が
苦手な事を知っているけれど。)下ごしらえの仕方から、味付けの仕方まで
丁寧に教えてくれました。

もう本当に、”すごい” の一言です!
いつも私たちの事を、「羨ましい♪ 私たちも海外で長期間過ごしてみたい!」
なんて言っていて、今回がその初の試みだったのだけれど、ここまで難なく
楽しい生活を送っているとは・・・本当にビックリしました。
「もし今、両親が若かったら、本当に自分たちで海外で生活できたかもね。」
とおんどパパ。さらには私に向かって、「日本じゃないから!なんて言い訳は、
もう通用しんのやよ。」 全くその通りです・・^^;

やはりお二人は、おんどパパを育てた両親でした。好奇心、積極性が人一倍
で、多少英語が分からなくたって、そんな事へっちゃら!
帰国する頃には、お二人は私より何倍もシドニーの生活に馴染んでいるかも
しれないな~ そんな事を考えながら、今のうちに料理を含めて沢山の事を
学ばせてもらわなくては!と思う私でした(^^)

※今週は46℃越えという、シドニーで史上最高気温を記録しました。
当日私とおんどは、朝から両親のいるアパート(冷房付)へと避難しました。
でも私にとっては、日本の夏の方がもっと暑くて大変だったように思います。

→ 豪ドル1ドル=95円って・・すご過ぎる!^^;
11:46  |  交流  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012年03月28日(水)

沢山の贈り物♪

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
11:02  |  交流  |  EDIT  |  Top↑

2012年03月19日(月)

お呼ばれ♪

先週、おんどパパの同僚ご夫妻からディナーに招待されました。
こういった交流は久しぶりなのでドキドキです♪

旦那さんはイタリア人、奥さんはチリ出身のカナダ育ち、そして国籍は3つある
というお方。しかも話す言葉は4ヶ国語!イタリア語なんて、全く知らなかったのに、
住んでから1ヶ月間でTVを見ていたら覚えてしまったという話・・すごい才能!

今回のディナー、きっとメインはイタリア料理に違いない!と期待して行くと、
予想通り!まずはパンとオリーブオイルが出てきました。まるでお店のようです♪
パンをオリーブオイルに付けて食べるって本当に家庭でもするんだ!と、
もうかなり興奮気味の私です^^;
その次はクリームパスタ。パスタはフェットチーネで、これもまた本格的です!
(少なくとも我が家では食卓に出てきません!笑)
その後はお肉料理とサラダ、そしてデザートのアイスクリームと続きました。
すべてがシンプルなのだけれど、何だかとてもお洒落で素敵なお料理でした♪

このご夫妻、お会いした時からすごく柔らかな雰囲気で、気配りも行き届いているし、
しかもそれらがとても自然な振る舞いでした。私の緊張も一気に解けた程です。
そして、おんどパパからは聞いてはいたけれど、旦那さんは本当に、
”イタリア人らしくないイタリア人!” (失礼!) とても真面目で、穏やかな方でした。
子どもが大好きのようで、おんどの事もずっと可愛がっていてくれました(^^)
また奥さんは、現在フランス語の家庭教師をされているとのお話でした。それまでは、
私と同じようにずっと家にいたとの事。今までに何度も仕事の応募はしたけれど、
残念ながら最終的に採用には結びつかず、外国で仕事を得る事は本当に難しい
と言っていました。でも、4ヶ国語も話すのに?!

すると帰宅途中におんどパパ、「いつもママは英語英語って言うけれど、言葉の問題
じゃないんやよ。外国人が英語で現地の人に敵うわけがない。だから、いかに
特殊技能があるかって事なんやよ。」との事。
でも4ヶ国語を話すって事も、すごい特殊技能なんじゃ・・と思ったけれど、それもまた
難しい問題で、需要があるかどうかって事も関わってくるらしい・・う~ん、納得・・。
だから旦那さんは、昔私が教育について勉強をしていたと言ったら、いかにそれを
活かすか、しかも私がシドニーに行く前によく考えるようにと言ったんだね。
実情をよく分かっている方達の言葉って、重い・・。

さて、最初はかなり緊張していたおんども、旦那さんが次々と繰り出す面白い
パフォーマンスを見るにつれてだんだんと心を開いていき、最後には大笑いをする
ようにまでなっていました。おんどに画用紙でボートまで折ってくれて、
こちらの方がビックリです!(折り紙の事はご存知でした^^)

「こうやって人種を超えて気楽に付き合えるってのが、最高に嬉しいんだよね!」
とパパが最後に言っていたけれど、私も今回は全くの同感!本当に楽しい夜でした(^^)
(でも何だかパパの周りにいる同僚さんは、素晴らしい方が多い気がする!)

※オーストラリアの永住権、健康診断もパスしたそうです!
 きっと後もう少しのはず!!(でもまだドキドキ・・^^;)
11:51  |  交流  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011年11月04日(金)

偶然?!

ナーサリーのお迎え時。

いつも終了時間間近になると、数人のお父さん・お母さんたちがパラパラと
やって来るのだけれど、皆、子どもを引き取るとさーっと去って行きます。
しかも待っている間も、皆一列に並んで静か・・。
人数が少ない事もあるかもしれないけれど、もしかしたらここで
仲良くなれる人ができるかも・・?と期待していた私は、ちょっと残念・・。

そんな中、短い会話だけれど挨拶以上ができるお母さんが1人だけいました。
その方はいつも赤ちゃんを連れているので、「可愛いですね♪」とか、
「何ヶ月ですか?」とか、最初は私の方から話し掛けていたのだけれど、
そのうちにあちらからも話し掛けて来てくれるようになりました。

そして今日。「どれくらいレスターにいるの?」に始まって、日本から来た等、
いろいろ話していた所、実はその方の旦那様の職業がおんどパパと同じである
事が判明!しかも以前は、まさに同じ職場で働いていたとの事!
沢山ではないけれど、何人かいるお母さんたちの中で唯一話す人が、
同じような境遇だったとは・・すごく驚きました。

ちなみにその方は、オーストラリア人!
(また勝手にイギリス人だと思い込んでいた・・^^;)
だから外国人の私にも、いつも気軽に話し掛けてくれるのだな~と、
ようやく今日分かったのでした!(^^)
20:33  |  交流  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。