2012年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月25日(土)

思いもしなかった・・

昨日のYさんとの英会話。
先日、Yさんからすぐに取り寄せるようにと言われていたボランティアの証明書が
無事書いてもらえる事となり、その内容について私の書いた英文をチェックして
もらえないかとお願いしたところ、いつものように、「もちろん!」と快諾してくれたYさん。
そこで、いつも私が感じていた事を、恐る恐る(?)聞いてみる事にしました。

「あなたは、人に対してmean(意地悪・不親切)になる事はないのですか?」

すると、「私、あなたにmeanだった?」との返事!これには私の方が驚いてしまって、
「まさか!あなたは私がお願いをする時はいつも必ずYesと言ってくれるから、
一度聞いてみたかったんです。」と言うと、「そんな事はないわ。私が不快に感じる事や、
すべきでないと思う事には、ちゃんとNoと言うわよ。」との事。
「でも今、私が添削をお願いしたら、すぐにOKしてくれましたよね。」と言うと、
「それはあなたが、ちゃんと自分で書いてきたからよ。もし、ただ書いて、と言うだけ
だったら、まずは自分で書いてみて、そしたらその後に私がフォローをするわ、
と言うわよ。」との事。
そうだよね、当たり前だよね・・・でもYさんは本当にできた人だから、そういう事も
全て含めて受け止めてあげようとするのかと思ってた・・。
するとYさん、笑いながら、「何?あなたはいつも私が"Yes"と言うと思っていたの?」
(はい、実はそう思っていました・・^^;)

これはいつもおんどパパが言っている言葉。
「人は一生懸命な人を見たら、自然と助けてあげたいと思うもの。でも、助けてもらって
当たり前だと思っている人を、人は助けたいとは思わない。」
この言葉、渡英当初私にとっては非常に耳の痛い言葉でした。でも、何度も言われて、
ようやく私も心を入れ替えるようになったのでした^^;

さて、私のボランティア活動の内容を見て、「あなたはADDやADHDの子どもたちに
ついて興味があるの?」と聞いてきたYさん。
ここ最近になって、日本でもこれらの言葉をよく聞くようになってきたけれど、
10年前の当時、このような言葉を日本では聞いた事がありませんでした。
「いえ、偶然私が紹介された場所が、このような子どもたちを受け入れている学校だった
のです。」と答えると、「もしあなたがそのような子どもたちについてもっと学びたいと
思うのだったら、大学に行くべきだわ!」と言い出したYさん!

「大学?!」

そんな事、考えた事もありません!外国で大学に行く?!あり得ないです・・^^;
なので、「大学なんて無理!語学学校なら行きたいけれど♪」と冗談混じりに私が言うと、
「そんな事ないわ!いつかあなたから、”大学に通う事になりました”っていうメールを
受け取る事になるんだから!」と言うYさん。かなり真剣です・・^^;
そして、「大学には全ての人が行けるわけじゃないの。あなたはそういう環境に
恵まれているのだから、ちゃんとそれを活かして欲しい。」との事。
本当は大学でジャーナリズムと政治について学びたいと思っているYさん。でも、
今の自分の状況では無理だという話でした。その話を聞いて、私が大学に行くか
どうかは別として、そのような周りの様々な事情を、私はちゃんと理解しなければ
いけないと思ったのでした。
スポンサーサイト
08:21  |  英語  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月24日(金)

難しい年頃?

今週初め、おんどが突然左耳が痛いと言い出しました。
耳と聞くと、私は一番心配になります。日本でも唯一おんどを病院に連れて行ったのは、
耳の病気の時だけでした。(その時は中耳炎でした。)

元々おんどパパは、病院に行っても何もしてもらえない(何もできない)という考え方の
持ち主(外傷は別!)。おんどパパの昔の友人(医者の卵さん)曰く、病院に来る人の
99%は、家で安静にしていて下さい、と言うしかないとの事。
またイギリスでは、止むを得ず2度おんどを救急外来に連れて行った事があった
けれども、結果的にそこでは何もしてもらえなかったというイメージ・・。
なので、当然私たちには病院に連れて行くという選択肢はなく、とにかく家で安静に
させる事にしたのでした。(耳の中に外傷が無さそうな事は確認済。)

おんどの耳は、痛くなったり無くなったりを繰り返す様子。痛くなる時は、じわ~と
痛みを感じるらしい。でも少し経つと治るとの事。ひどい痛みではなさそうだけれど、
痛み出すと涙を流すので見ている方が辛かったです・・。でも理由が分からないので、
仕方なく様子を見る事に。

するとその日の夜、いつものようにおんどがパパとお休みタイムに入った時、
「おんどはお友達と遊びたいのに、誰も遊んでくれない。さみしい、さみしい。」
と言っていた、とパパから聞いたのでした。いつもおんどは、「ナーサリーは楽しい!」
と言っているので、私にはその言葉が本当に信じられませんでした。
でも言われてみれば、その状況は簡単に想像する事ができました。おんどは英語が
分かるようになってきているものの、まだ他の子どもたちのようには上手く話せません。
なので、1つ年上の子どもたちには相手にしてもらえないのも分かるような気がしました。
もしかしたら、耳の痛みはそのストレスから来ているのだろうか・・まだ3歳なのに・・?
と思いながら、翌朝まだ痛みが治まらなかったので、仕方なくその日はナーサリーを
お休みする事にしたのでした。

するともうこの日は、何だかとっても甘えんぼちゃんのおんど! 「ママ!ママ!」 と、
ずっと私と一緒じゃないとダメでした。そして一緒に横になっている時に、ずっと気に
なっていた例のお友達の話を切り出す事に・・。
するとおんど曰く、「M君とHちゃんが一緒に遊んでくれない。」 との事。
そっか~、そういう事なのね!
M君とHちゃんは、おんどより1つ上のレセプションの子どもたち。
おんどがナーサリーに通い始めた頃から、よく名前を聞いていた子どもたちです。
私自身、何度かナーサリーのイベントに参加して気づいた事なのだけれど、
その2人はとても大人しい性格で(M君はおんどと同じく英語のサポートが必要)、
M君はいつも1人でいるし、Hちゃんはずっと先生にくっついています。
なので、おんどに聞いてみる事にしました。

「M君とHちゃんは、おんどとは遊ばずに、他の子たちと遊んでいるの?」
「ううん、いつも1人で遊んでる。おんどは一緒に遊びたいのに遊んでくれない。」
「いやね、それは遊んでくれないんじゃないんだよ。」
と、その後その子たちの事について話し、「ナーサリーにはいろいろな子がいるんだよ。
でも、おんどはおんどらしく、今まで通り自分からみんなの輪の中に入って行ってね。」
と言うと、「うん!」との事。
その日は1日中、ずっとずっとおんどと一緒にいました。まるで赤ちゃんのように、
私に張りつくおんど。本当に本当に珍しい事でした。
まだ小さいのに、そんな思いを抱えながらナーサリーで頑張っていたおんど。
そう思うと、私はおんどが愛しくて愛しくて仕方がありませんでした。

そして翌朝、心配する私に「もう耳は痛くないよ。」と言うおんど。食事の時間になっても
平気のようです。それからいつものように、とっても元気よくナーサリーに行ったのでした。
帰ってきてからも元気いっぱいで、耳は全く痛くないと言うおんど。それを聞いて、
ようやく安心し始めたのでした。
やっぱりちょっとストレスを感じていたのかな・・?そう思いながらも、こうして1つずつ
乗り越えながら、強くたくましい子になって欲しいと願う私でした(^^)

※でも正直、この年でこういう事が起こるのだったら、この先小学校や中学校に
 通うようになった時は、本当に大変になりそうだな・・と思ったのでした。
 本当に ”育児は育自” なんだね、お母さん!(^^)
11:12  |  子育て  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月23日(木)

本当?!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
10:03  |  おんど  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月21日(火)

シェイクスピアの町 ・ 番外編

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
09:35  |  観光  |  EDIT  |  Top↑

2012年02月20日(月)

国内観光第11弾 ストラトフォード・アポン・エイヴォン

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
10:36  |  観光  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。