2013年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月21日(月)

わけわかんないよー!

先日、豊橋じーじばーばからもらった 「日本昔ばなし」 の絵本の中から、
”ももたろう” のお話を読んでもらったおんど。

その後、いつものおんどのお気に入り ”トレジャーごっこ” をしていると、
何と桃が流れてきて、その中には、ももたろうがいたとの事!(笑) しかも、
男の子2人と女の子1人がいたらしい。(この時点で何かおかしいでしょ・・?)
(ちなみに、この子たちはトイレットペーパーの芯でできています・・^^;)

でもまあ、特につっこむ事なく話を聞いていると、「じゃあ、このこたちを
うみにかえしてこよっか!」 だって。

「海???」

「海じゃないでしょ!!川でしょ!!」 思わずつっこんでしまいました・・^^;

その後、その中の1人の女の子の面倒を見る事にしたらしく、名前をつけようと
するおんど。 「じゃあ、”たつろー” にしよう!」

「たつろーって誰?!しかも、女の子じゃないの?!」

すると今度は、”ちょりお” になったり ”とそこ” になったり・・・ママにはもう
さっぱりわけが分かりません・・^^;

でも最後には、もう1人の男の子の名付けの際に、「 ”ももたろう” にしようか!
それしかないよね!」 と言ってくれたおんど。

「何?今までのは全部ジョーク?!」
おんどに振り回されながらも、ようやくホッとした私だったのでした・・^^;
(でもきっと、これは本を1回読んだだけではダメだって事なんだろうね。)
スポンサーサイト
19:30  |  おんど  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月19日(土)

完全脱帽!!

おんどパパの両親がシドニーにやって来てから、1週間。

すでに海外には何度も足を運んでいるお二人なので、元々何の心配もして
いなかったのだけれど、今回あまりの順応性の高さを目の当たりにして、私は
本当に驚いてしまいました。もうまるで、ずっとここに住んでいるかのような
錯覚!!あの滅多に人を褒めないおんどパパでさえ、「自分の母親ながら、
あの適応能力には驚いたわ!」 と絶賛する程!!

まず始めに、到着日の翌日には、もうすでにお昼ご飯と晩ご飯をご馳走に
なっていた私たち。(さらにはその翌日も!) 「何もなくてさ~」 なんて言われ
ながら出された食事は、すでに私が普段作る食事のレベルを遥かに超えて
いました・・^^;

さらには、あの行動力!毎日日差しが強い中でも、何の苦もなく外に出かけて
行き、あちこちを見周っては、お買い得の商品や興味深げな食品を見つけて
帰ってきます。そして、私たちが普段バスで行くような場所にでさえ、平気で
歩いて行ってしまうのです。(Cityなんて、軽く往復してしまいます!)
滞在1週間にして、もうすでにお二人は、私たちよりもいろいろな場所をよく
知っているのでした。

そして極め付けが、今週 「食べにおいで!」 と言われて出かけて行った際の
食事!すでにキッチンには、とても美しい太巻きがずらっと並んでいて、
「口取りにいいかなと思ってさ♪」 と用意されていたのは、下ごしらえを終えた
レバーと砂肝だったのでした。
レバーや砂肝は、私は居酒屋等外で食べる物だと思っていました。それが、
まさか家庭料理として出てくるとは!しかも、シドニーで食べられるなんて!!
その後、数少ない調味料で味付けされた2品は、本当に絶品でした♪
あまりの美味しさに、恥を忍んで調理方法を聞くと (お母さんは私が料理が
苦手な事を知っているけれど。)下ごしらえの仕方から、味付けの仕方まで
丁寧に教えてくれました。

もう本当に、”すごい” の一言です!
いつも私たちの事を、「羨ましい♪ 私たちも海外で長期間過ごしてみたい!」
なんて言っていて、今回がその初の試みだったのだけれど、ここまで難なく
楽しい生活を送っているとは・・・本当にビックリしました。
「もし今、両親が若かったら、本当に自分たちで海外で生活できたかもね。」
とおんどパパ。さらには私に向かって、「日本じゃないから!なんて言い訳は、
もう通用しんのやよ。」 全くその通りです・・^^;

やはりお二人は、おんどパパを育てた両親でした。好奇心、積極性が人一倍
で、多少英語が分からなくたって、そんな事へっちゃら!
帰国する頃には、お二人は私より何倍もシドニーの生活に馴染んでいるかも
しれないな~ そんな事を考えながら、今のうちに料理を含めて沢山の事を
学ばせてもらわなくては!と思う私でした(^^)

※今週は46℃越えという、シドニーで史上最高気温を記録しました。
当日私とおんどは、朝から両親のいるアパート(冷房付)へと避難しました。
でも私にとっては、日本の夏の方がもっと暑くて大変だったように思います。

→ 豪ドル1ドル=95円って・・すご過ぎる!^^;
11:46  |  交流  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月16日(水)

悠々自適♪

今週、生まれて初めてじーじとばーばの所に1人でお泊まりに行ったおんど。
結果、何の問題もなく、無事2泊する事ができました!(^^)
(おんどは本当に聞き分けがよく、自分の事もちゃんと自分で出来たとの事!
降りるバス停もアパートへの道も、間違える事なく教えてあげられたみたい。
知らない間にそんなにも成長していたなんて、ママはとっても嬉しいよ~♪)

そしてその間、私たち夫婦はといえば、家でのんびり。
おんどパパは仕事をし、私は読書に夢中になっていました。
(両親には日本から沢山の本を持って来て頂きました♪)

その今回読んだ本の中の1冊が、『ユダヤ式天才教育のレシピ』 という本。
この本を選んだ理由は、実はおんどパパの同僚さんにユダヤ人ご家族がいる
のだけれど、その奥さんと何度かお話をした際に、ご夫妻はもちろんの事、
お子さん達までもが非常に優秀な子ばかりなので、一体どんな育て方を
しているのだろうと、すごく興味を持ったから。

具体的な内容は置いておいて(上手く説明ができないので!笑)、その中で、
面白いなと思った事が、「世界に通用する本当の力」 として挙げられていた
6つ特性。それは、

1.言語能力
2.独創性
3.分析能力
4.忍耐力
5.大志
6.好奇心

世界で活躍している人には、必ずこの6つの特性が備わっているとの事。

我が家の場合、世界で活躍しているかどうかは別として、やっぱり海外適合者
のおんどパパには、この6つが当てはまるかな・・?そして私はといえば、唯一
ちょっとはありそうなものが、4番目の忍耐力と6番目の好奇心。(でも私の
場合、世界で通用する人間になるようには育てられていないからな・・なんて
言い訳^^;)

けれど、ここで大事な事は、きっとおんどはもう日本で暮らす事はないだろう
という事。となると、海外で生きていく為には、上記の6つの力を備えるように
育てていかなければならない。見れば見る程、私にとっては難しい事ばかり・・
でも、親がその事を示していくしかないものね。
という事で、今更ながらママも前向きに努力していくつもりなので、パパ、どうか
よろしくお願いします。(って、結局他力本願?!)

※子どもがいない生活。私たち夫婦にとっても初めての経験だったけれど、
う~ん、何だかぽっかり穴が空いた様な、あまり落ち着かないものでした・・^^;

※※おんどパパの職場のクリスマスパーティーで、上記の奥さんとお話した
際、お互いがあまりに夢中になり過ぎて、気がついた時には周りの人々が
ほとんど帰ってしまっていたという状況でした・・^^;
学校教育や家庭教育、習い事の事等々、本当に物事をよくご存知で、しかも
全ての話が自分の経験や研究データに基づいていて、非常に理路整然で
分かり易い!私も我を忘れて(?)、話に食らい付いていきました(笑)
本当に頭のいい人というのは、こういう人の事をいうのだろうなと、大変刺激&
感銘を受けたのでした(^^)
11:37  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月07日(月)

半端じゃない!

シドニーに来て一番驚いた事と言えば、それは ”日差しの強さ” でした。

シドニーの紫外線は、本当に恐ろしく厳しいです。昨年の9月に初めてシドニー
に来た時、外に出た瞬間に私は、「灰になるー!!」 と心底思いました。

もう目はショボショボ。外にいる間はずっと目を細めていなければなりません。
そんな状況の中、即行買いに行ったのが、サングラス!そして、ピンクの
帽子にピンクの額縁メガネをかけたおんどは、まさしく ”ちびっ子ギャング”
だったのでした・・^^;

そして、その時点でのUV Index(紫外線指数)は、"High"。その後 "Very high"
へと変わり、ここ数ヶ月間は、ずっと "Extreme" です。
Extreme(極限、極度)って一体、どういう事?!もう、あり得ないです!><。
(これよりも上ってあるのだろうか・・?)

サマータイムが始まった頃から、朝6時過ぎにはもうすでに部屋はギンギンに
輝き、眩しくて眩しくて仕方がありません。そして同時に、外出意欲がかなり
失われます・・。
イギリスにいた時は、太陽さえあれば幸せだと思っていたけれど、今は
曇りの日がどれだけ嬉しい事か・・ なかなか物事、思うようには行かない
ようですね。

現在、ここでの私たちの三種の神器は、帽子、サングラス、そして日焼け止め
クリームです。これらがないと、恐ろしくて外出などできません。
そして外では常に、日陰を求めて歩いています。日陰がない所では、日陰に
向かって走って行きます。それでも家に帰ると、明らかに身体中が日焼けして
いるのです。

あれほど、「白玉団子のようだ」 と言われていたおんども、今は明らかに
「みたらし団子」 です。おんどはママに似て、日焼けをすると黒くなるタイプ
のようです。(ちなみにおんどパパは、赤くなるだけで白く戻るタイプ。)

ただの日焼けだけならまだいいのだけれど、やはり頭をよぎるのは、皮膚ガン
の事。心配し過ぎるのも良くないけれど、油断せずちゃんと対処していかなけ
ればいけないと強く思うのでした。

※明日は突然、予想最高気温が”43℃”になっているのだけれど・・何故?!
11:14  |  天候  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013年01月05日(土)

立派になったなぁ~

現在、夏真っ盛りのシドニー。

そんな中、来週から5週間、おんどパパの両親がシドニーまで遊びに来て
くれる事となりました。今から(本当は3ヶ月も前から)、もうおんどはじーじと
ばーばが待ち遠しくて待ち遠しくて仕方がありません!

そして今回は、何と!おんどは自分ひとりでじーじとばーばの所に泊まれる!
との事。昨年夏にお泊まりに行った時は、「ママも一緒じゃないといやー!」
なんて言ってたのにさ。

で、どうして今回はひとりでも平気なの?って聞いてみたら、

「できないことでも、1かいやってみたら、できるはずだっておもうから!」

だって。その言葉に感動した私が、その夜、おんどパパにその話を伝えると、

「そうだよね。おんどは、プールで息継ぎの練習だって、「1回やってみる!」
って言ってたもんね。いつも、「できん、できん、できーん!」 なんて言ってる
ママとは大違いだよねー。」

との事。返す言葉もございません・・^^;

すると、おんどが 「これよんだら?」 と、1冊の本を持って来てくれました。
その本のタイトルは、
          
            「はじめてのえいご ABCのえほん」

「これを、Aから1ページづつ "A apple" "B bird" ってよんでいくんだよ。
にほんごのところは、ママ、にほんごはわかるから、よまなくていいからね。
がんばって、よむんやよ!」

隣でおんどパパは、大爆笑!!!

「でもね、一応ママ、大学まで行って英語も勉強したんだけどね・・」 と答えると
「だってママ、いつも 「えいごできーん!」っていってるからさ!」 だって。

そうだね、そうだね、その通りだよね。
子どもには大人の言い訳なんて全く通用しないって事を、改めて実感した
瞬間でした。

(※まもなくおんど5歳にして、初めて夫婦2人の時間を過ごす事になります。)
10:56  |  おんど  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。