2015年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月28日(木)

どこまで手を貸す?

今期は、クラスでスピーチの時間があるおんど。
お題は3つで、皆、1週間おきに順番が回ってきます。

最初のお題は、”好きな乗り物”
おんどは飛行機を選んで、スピーチのある週は、毎日何回か練習を
していました。

すると結果は、outstanding と highのみ!
先生からも"Beautifu!"と言われ、沢山練習したかと聞かれたそうです。
(そして、それに対して、"thousand!"と答えたおんど・・^^;)

練習した分、ちゃんと上手くできて本当によかったとホッとしたのだ
けれど、先生のコメントが、私がTAFEでプレゼンをした時の先生の
コメントとほぼ同じで、笑えてきました。
(どうやらおんども私も、数回練習すると、文章を丸暗記してしまうようです・・。

今回のスピーチで私が手伝った事といえば、おんどが書いた文章を
形式に沿って並び替えた事と、ちょっとしたアイデアを提供した程度。

でもおんどの話によれば、かなり真剣に取り組んでいた親御さんたち
もいたようで、こういう時に、親がどれくらい関わろうとするのかを
知る事ができたのは面白かったです。

例えば、今回のスピーチでは、palm card(手のひらサイズのメモ)を
用意していいと言われたらしいのだけれど、それが、全文タイプされて
いる子どもたち。(それって、本当に本人がタイプしたのかな・・?
それとも、今の子はすごい?!)

また、おんどが、「Mちゃんみたいなスピーチがしたかった!」
と言うので、内容を聞いてみると、本当にYear2の子が自分で考えた
事なのかな~?と思ってしまうような内容だったり。
(案の定、Mちゃんはスピーチ中に、「これって何て読むの?」と
メモ中の単語の読み方を先生に聞いていたようです。)
と思えば、全くノータッチの親さんだったりと、本当にさまざまで
興味深かったです。

次回のお題は、”キング牧師の壁画を遺産登録すべきかどうかについて”

いきなり内容が難しくなって、すごく嫌がっているおんどだけれど、
もうすでに一度やり終えているし、ポイントは掴んだと思うので、
今度はおんど自身に任せてみようかなと思うのでした。
(でも、口を出さないようにするのって、結構難しい・・^^;)

*ちなみに今回のpalm card、全文を書いてもOKになったらしく、
おんどもそうしたかったみたいだけれど、おんどパパの強い反対で、
敢え無くメモのみに。(「無意味な事はするな!」と珍しく。)
結局、おんど以外の全員が、全文書いた物を用意したそうです。
(まぁどっちにしても、おんどは全部暗記しちゃっていたけれどね。)
スポンサーサイト
09:08  |  学校  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月27日(水)

どのレベル?

前回の続き。

バイリンガル教育に関して、さほど興味がない様子のおんどパパ。
「家では日本語を話してるし、会話はできるからいいんじゃない?
あとは、本人次第。」の程度です。

すると、「じゃあ逆に、ママは最終的にどのレベルを目指しているのか
を聞きたい。この先、おんどがずっと海外で住むとして、最終的に
日本語を母国語レベルで仕事ができるくらいまでにさせたいのか、
それとも、外国語として日本語が話せます、くらいでいいのか。」
そして最後には、
「多大な労力と負担を考えた上で、”できた方がいいから”といった
ようなレベルでやらせるべきではない。」と言われたのでした。

正直、私は、そこまでは考えていませんでした。
ただ本心としては、日本人として当たり前に日本語を身に付けてほしい
と願っていただけでした。
でもよく考えてみれば、言語を習得する事の大変さは、私自身だって、
いやっていうほど身にしみてよく分かっています。だからこそ、価値が
あるのだろうけれど、果たして、おんどがそこまでして母国語並みに
日本語を学ぶだけの価値はあるのだろうか?と考え直す事になったの
でした。

以前、おんどパパがこんな事を言っていました。
「日本人が英語を身に付ける事によって得られるものは大きい。
英語ができれば世界が広がる。だからこそ、苦労する甲斐もある。
でも、他言語を話す人が、日本語を学ぶメリットはあるだろうか?
本人が好きでやっているのならそれはいい。でも、仕事としては
どうだろう?大変な思いをした分だけのものが、十分に得られる
だろうか?」

これが、仕事で英語を使っているおんどパパと、趣味でずっと英語
の勉強をしていた私との考え方の違いかもしれません。

よって、今の私がおんどに願う事。それは、日本語での日常会話&
日本語の本を読んで楽しめるくらいにはなってもらいたいかな
という事なのでした。
09:22  |  子育て  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月25日(月)

簡単じゃないよ!

国際結婚をしている日本人女性が多いオーストラリア。
その為、こちらの日本関連のサイトでは、よく子育てに関して
バイリンガル教育の事が話題になります。

やはり英語だけでなく日本語も身に付けてほしいと願うお母さんは
多いようで、その為のアドバイスが書かれているのだけれど、
一番多いのは、”家庭では日本語で会話をするようにする”という事。

そういう話をおんどパパとしていたところ、
「じゃあ、うちは大丈夫なんじゃない?」とおんどパパ。
「だから、パパがおんどと英語で話し出したら終わりだからね!」
と私が言うと、「じゃあママも、必死になって英語で話したら?」
だって。で、その数秒後、
「でもそうしたら、今度はおんどが、「ママ、もういいわ!私が
日本語話すわ!」って言うかもしれんね!」
と言って、声を押し殺しながら一人で笑っていました。(外食中の為)
(いつもながら、ほんっと、こういう事には頭の周りが早いよね・・。)
そして最後には、「ママは人の心配より、自分の心配したら?」
と、とどめの一言。

でもこれ、哀しいかな本当にその通りで、この先おんどはいくらでも
吸収していくだろうけれど、私の方が四苦八苦してばかりで問題あり。

特に最近は、今までおんどの事をほったらかしにしていた分、
”何か習い事をさせてあげたほうがいいんじゃないか?”とか
”もっと英語も日本語も力を入れたほうがいいんじゃないか?”等、
過干渉ぎみになっていたので(日本では”毒親”って言われてる?)
関心の矛先を自分に向けた方がいいかもしれない、と思ったのでした。

*海外に住めば子どもは勝手にバイリンガル(しかも4技能ともOK)
になるもんだと思い込んでいたけれど、それは本当に大きな間違いで、
今更ながら、その事に気づく事ができて本当によかった。
日本に居た時は、帰国子女は日本語も英語も両方ともできて当たり前
だと思っていたけれど、彼らがどれ程大変な思いをして身に付けたかと
思うと、本当に心から反省、そして尊敬します。
10:54  |  子育て  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月20日(水)

文化の違い?!(2)

先日、Aちゃんのお母さんとお話をしていた時の事。

「うちの娘が、Aちゃんがとてもピアノが上手って言っていましたよ。」
と言うと、

「Yeah!! 」(Yesの意味)

その反応に、私の方が驚いてしまいました・・^^;

さらに、英語クラスでAさんと会話をしていた時の事。

「娘さん(16歳)は、英語の問題はない?」
と聞くと、

「他国から来たハイスクールに入る年齢の子どもたちは、まず最初に
政府管轄の英語学校に行って、OKが出てからしかハイスクールには
行けないのだけれど、うちの娘は、1ヶ月でそこを出たんだよ!
多くの子どもたちは、何ヶ月も何年もいたりするんだけれどね。」
と嬉しそうに話してくれました。

こんな風に自分の子どもたちの事を嬉しそうに話せるなんて、
何て素敵なんだろう!と思った私でした(^^)
13:24  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月16日(土)

文化の違い?!

現在、学校で仲良しグループができて、楽しそうなおんど。
グループ名まで付けて、手作りのビーズのリングとブレスレットを
みんなに渡していました。

学校の事で、今まで私が一番心配していた事は、おんどの友達関係。
いつも、友達とは仲良くやっているか、寂しい思いはしていないか
など、ずっと気にしていました。

今年になって、ようやくそんな心配事への気持ちも除々に薄れてきて
ホッとしているのだけれど、今でも、おんどと友達とのやりとりには、
つくづく驚かされます。

一例を挙げてみると・・

「今日は、Aちゃんに、R(おんど)とは遊びたくないって言われたで、
違う子と遊んだ。」
(Aちゃんは、おんどのベストフレンドじゃん!!)

「今日は、Eちゃんが一緒に遊ぼって言ったけど、Aちゃんと2人で
遊びたかったから、2人で”No”って言った。」
(「そんな事言ったの?!」って聞くと、「おんども言われた事が
あるよ。」だって。)

「今日は、Aちゃんに、たまには他の子と遊びたいって言って、
一緒に遊ばんかった。」
(Aちゃんと、ケンカしたわけじゃないんだよね?!)

こんな話を聞きながら、おんどの前では平静を装っているけれど、
内心はもう、ハラハラドキドキです。

でも、帰り際には、ちゃんとみんなと仲良くしているおんど。

”No”なんて言ったら、大変な事になっていた自分の子ども時代を
思い出しながら、とっても不思議な気分になっている私でした^^;
11:36  |  おんど  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。