2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年11月07日(日)

初!花火

今夜は、家から歩いて20分の巨大な公園で、「Bonfire & Firework Display」が
行われたので行って来ました。

イベントにはあまり参加しない我が家だけれど、今回は、おんどが毎日見ている
幼児番組のキャラクター達がやって来るというので、おんどパパがおんどの為に
以前から計画していたのでした。(おんどには、甘々のパパ♪)

レスターで最大級の花火大会。
いつも約1万人が集まるという事もあって、すごいすごい人でいっぱいでした。

普段、夜(と言っても、6時~9時くらい)に外に出かける事はないし、
そんなに多くの人が集まる場所に行った事もないので、
ちょっとドキドキしていたけれど、無事に過ごす事ができました。
(本当によかった・・^^)

けれど、おんどが楽しみにしていたキャラクター達は、やっと出てきたと思ったら、
15分程歌って、帰ってしまいました。
(しかも、おんどの大好きなテーマソングはナシ!!)
それから、最後の花火開始までは1時間以上待ち。

気温2度という事で、防寒対策はしていったつもりだったけれど、
さすがに身体が冷えてきました。
やむを得ず、大行列の屋台のコーヒー屋さんに並ぶと、目前で、
「お湯が無くなったので、温かい飲み物はできない」と言われたのでした。
(20分も寒い思いをしながら待ったのに・・><。)
他の店も大行列なので、もう並ぶ気力もなくなり、残りあと1時間
耐える事にしました。

花火は8時から始まる予定だったけれど、まさにその5分前、
おんどが寝始めてしまいました。
ベビーカーを持って来なかった私達は、仕方なく帰る事にしました。
でも、カウントダウンが始まったので振り向くと、やっぱり帰れなくなって
しまったのでした^^;

いつも長良川の花火大会を見ていた私は、「やっぱりこんなものかな~」と
思っていたのだけれど、とんでもない!どんどん勢いが増してきて、
連続打ち上げが始まり、大きな花火も次々と上がり始めました。
他にも、いろいろな形の花火が上がってきます。

すごい・・

これには驚きました!
こんな間近で、こんな見事な花火が見られるとは思いもしませんでした!!
そして結局、おんどパパと二人、おんどを交代で抱き抱えながら、
最後まで見てしまったのでした^^;

日本の真夏の花火は、夏の風物詩として、なくてはならないものだけれど、
冬の花火もまた、とても美しくて素敵なものでした。
すごくすごく寒かったけれど、行ってよかった♪ありがとう、おんどパパ(^^)


bon
おんどが楽しみにしていた”おサルさん達”
パパに肩車をしてもらったおんどは、手をたたいてノリノリです♪

bon
想像以上の素晴らしい花火でした!感激♪♪
関連記事
スポンサーサイト
01:15  |  お出かけ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

我が家も予定していたんですが、結局、寒いね~とか、天気がいまいちだね~とかいって、行きませんでした。
子供たちは2階の窓から花火を見ましたよ。

冬の花火もいいものですよね♪
Mrs.B |  2010.11.08(月) 20:57 | URL |  【編集】

Mrs.Bさん、こんにちは。

家から花火が見られるなんて、とっても羨ましいです♪
我が家もそうだったら、わざわざ行かなかったかもしれないです。
本当に、めちゃめちゃ寒かったですから・・^^;

今回、イギリスのあちこちで花火だと聞きましたが、
これが、先日教えて下さった「ガイフォークスデイ」の事だったのですね!
この日の事は全く知らなかったので、分かった時は嬉しかったです(^^)
eco |  2010.11.09(火) 05:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/102-b52686ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。