2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年03月04日(木)

行ってよかった

先日誘ってもらったこともあって、今朝は早起きをしてToddler Gymに参加してきました。

4ヶ月ぶりということもあって、教会の中に入ると 「どうしてたの~??」と質問の嵐。
久しぶりにもかかわらず温かく迎えて下さった皆さんに、感謝感激致しました。

一番の心配事は、最近人見知りが激しいおんど。日本から帰ってきてからというもの、
人が近くに来るだけで、顔を埋めるわ、逃げ回るわ、喚きまくるわ・・のオンパレード。
そんな事もあって、集まりに参加するのも億劫になっていました。
でもおんどからすれば、いきなり環境も、人も、言葉も変わってしまって、ビックリするのは
当たり前だよね。でもこのままでいいわけないし・・でもあまり無理させちゃいけないし・・
と葛藤しながら、覚悟を決めて(大げさ?)連れて行くことにしました。いざとなれば、
帰っちゃえばいいしね!

【More・・・】

いざ行ってみると、最初は案の定、部屋の端っこまで一目散に逃げていくおんど。やっぱり・・
と思いながらしばらく待っていると、こっちへ戻ってくるではないですか。「ちょっと脈ありかも!?」
と、大好きなすべり台で一緒に遊んでみたところ、遊具への好奇心の方が勝ってしまったらしく、
その後は一人でどんどん次から次へと遊びに行ってしまいました。
ママが居なかろうが、他の子どもやお母さんたちが近くに来ようが、何のその!
親の大心配をよそに、のびのびと駆け回るおんどに大変身していたのでした。
(ホッと一安心。でも・・今までのは、一体何だったの??)

おんどが一人で遊んでいてくれると、その間私の手が空きます。「今のうちだ!」と
主催者の方々やお母さんたちに、勇気を出して話かけてみました。

今日お話をしたお母さんは、イラク出身の方。戦争の為ヨルダンに移り住み、ケニヤ経由で
イギリスに来たとの事。 ”笑顔で会話” がモットーの私でも、さすがに笑えません・・。
ここに来ていつも思うのは、みんな様々な過去を背負って生きているという事。おんどパパ曰く、
『皆命懸け!』だそうです。(きっと私なんぞは、ほんと’お気楽日本人’だと思われている
のだろうな・・と思って止みません。)

今回は、旦那様の留学に伴い家族で来たとの事。それが今から6ヶ月前。しかも2歳の女の子が
いるという事で、とっても親近感が沸いてきました。温和な彼女との話が続いていきます♪
またもや彼女は英語ペラペラ。でもこんなにリラックスして、人と会話ができたのは久しぶりです!
その時、頑なになりつつあった心が、少しずつ和らいでいくのを感じていました。

それにしても今日は、主催者さんから今私が一番知りたいと思っている情報が次から次へと
伝えられます。それはおんどのNurseryやPlaygroup、Pre-Schoolの事。
今までにも図書館のToddler timesや、今回のToddler Gymには参加しているものの、
これからどんどん成長していくおんどの為にも、同年代の子供たちが集まる所にもっと
参加させてみようと考えての事でした。

とにかくどれだけ調べても、イギリスの学校(またはNurseryなど)の仕組みがイマイチ
よく分かりません。本当に複雑すぎます。なのに、今日だけでもう、3つも行けそうな所が
見つかりました。やはり、現地の人の情報はスゴイ!!

今日は本当に楽しくて有意義な時間を過ごすことができました。それで、嬉しくて嬉しくて、
そこから歩いて10分ほどのおんどパパの所に報告しに行く事に。
「今日はすごい収穫だったよ~。すごいでしょ~!!」 しかし、その返答はというと、
「パパが頼んでおいたんだよ」 との一言。実は、一緒に見送りに来てくれたパパが帰り際、
一緒になった主催者さんに、私の事をいろいろお願いしておいたそうなのです。

「そういうことか・・」 タイミングが良すぎて変だと思った。でも、そうじゃなくても、
聞けば何でも親切に教えてくれたはず。今日も、必死になってめちゃめちゃな英語を
喋っている私の話に真剣に耳を傾けてくれていたし。(たとえ沈黙になっても、私が
説明をしようとしているので、皆さん、私が話し出すのを待っていて下さるのです。)
おんどパパにすべてお膳立てされていたとはいえ、「今日は本当に行ってよかった!」 
やっぱりそう思ったのでした。
関連記事
スポンサーサイト
22:13  |  交流  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/12-f96c5d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。