2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年01月29日(土)

イギリスの冬

SAD (Seasonal Affective Disorder 季節性情動障害) 
という言葉を知ったのは、今週の事でした。

SADとは、特定の季節に発症する躁鬱病で、特に、日照時間が短く暗い冬に、
気候の影響を受けて、気分がひどく落ち込む事。(goo辞書より)
イギリスでは、私たちのような外国人だけでなく、現地の人たちも、
このSADになる事があるそうです。
私の周りでも、イギリス人の方々が休みになるとスペインに出かけますが、
それも、太陽の光を求めての事だと聞いた事があります。

今週初め、おんどパパの仕事仲間のKさんが、ドイツから訪問してくれました。
以下、その時の会話です。

Kさん 「奥さん、すごいですよ!元気でいらっしゃるし!鬱にもならず。」

私   「(おんどパパに向かって) 今の聞いた~??すごいってさ!」

パパ 「持ち上げてくれてるだけだってば。」

私   「それは、分かってるけどさ~」

Kさん 「そんな事ないですよ!鬱の話って、ほんとよく聞きますよ。
     しかも海外に出る時、まず心配されるのが、VISAの件。
     その次が、『奥さん(または家族)、大丈夫?』 ですから。
     褒めても何の得にもなりませんし(笑)、本心ですよ!」

そんな事で褒められちゃうのか・・と思いながらも、単純な私は、
それでもやっぱり嬉しくなってしまいました。
(いつも、おんどパパには”役立たず”と言われているので、余計に・・^^;) 

実際に私も、イギリスに来る前そして来てからも、ロンドン駐在員の
奥さんが鬱になってしまって日本に帰る、という話を聞いた事があります。
でも、直接そういう方を知らないので、正直あまり実感が沸きません。

様々な事情で、いつ誰が鬱になってもおかしくない世の中だと思っているし、
私もさすがに毎日グレーの空を見ていると、気が滅入ってくる事もあるけれど、
強く生きていくしかないものね!

でも、やっぱり太陽が恋しい!
太陽大好き!冬よりも夏の方が断然いい!の私には尚更です。
実家で、日中、南のポカポカの部屋にいた時は、とても幸せに感じました。
でもそれは、こうして外の世界を知ったから気づいた事。
ずっと日本にいたら当たり前。何のありがたみも感じないでしょう。

常にいつも、前向きに生きられるわけではないけれど、
前向きに生きた方が楽しいに決まっているはず!
そう信じて、今年の冬も乗り切ります!(^^)
関連記事
スポンサーサイト
16:09  |  天候  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

イギリス駐在社員の妻の第一の仕事は、夫の健康管理(食事など)、第二の仕事は家族を鬱にしない、自分もならないこと、と言われましたよ(笑)
実際、夫の会社にも奥様の鬱のために3か月で駐在を切り上げた方、ご本人が鬱になり半年間壁としか会話をしなかったという方がいらっしゃいます...
夫にも渡英前、「本当にあかんようになる前に必ず言ってくれ」と何度も釘を刺されたくらい。

ご主人は「役立たず」とおっしゃってるかもしれませんが、ご主人とおんどちゃんが元気でいるってことは、ecoさんのがんばりのおかげなんですよ。いかにご主人とはいえ、お一人だったらこうはいかなかったはずですよ。

こんなに朝いつまでも暗くて、子供のころから住んでるイギリス人だって鬱になるのに、それでも鬱にならない私たちって、エライのよ!
うちも誰も褒めてくれないので、お互いをほめましょ!!
Chun |  2011.01.31(月) 03:39 | URL |  【編集】

Chunさん、こんにちは。

コメントを拝見して、少し泣きそうになってしまいました・・。
主婦やっていると、ほとんど褒められる事ってないですよね。
なので、とても心に沁みました。本当にありがとうございました(^^)

鬱のお話、実際に起こり得る話なのですね。正直驚きました。
駐在員の奥様は、すごいプレッシャーをかけられるのですね。
そういうお話、勉強になります!
それに比べると、私は気楽なものかもしれないです^^;

はい!私もChunさんに賛成です♪私たち頑張っていますよね!
殿方はとっても厳しいですが、へこたれずに生きていきましょうね!
eco |  2011.01.31(月) 06:02 | URL |  【編集】

ちょうど、Literacyコースでも似た様なことを話し合いましたよ。
ご主人、ecoさんが毎日笑顔で「おかえり!」って言ってくれるだけで頑張れると思います。

私は一時母のことなどあって、笑わなくなったことがあります。
Mr.Bが「大丈夫じゃないんじゃない?」といいました。
自分ではぜんぜん気がつかなかったんですよ。
鬱って、気付いてあげることが大切なんだと思います。
Mrs.B |  2011.01.31(月) 23:32 | URL |  【編集】

Mrs.Bさん、こんにちは。

ブログ拝見しました。明るく過ごすコツ、お借りします♪
先日買ったCathのお皿を、朝食で使う事にしました。
すると、まだ外は暗いけれど、何だか心はハッピーになりました♪
もしかしたら無意識に、そういう物を求めていたのかもしれないです。

いつも励ましのお言葉、ありがとうございます。
Mrs.Bさんの当時の様子を、以前ブログで拝見しました。
なんて気丈な方だろう・・と、心底思いました。
私だったら、日本を離れる事はできなかったと思います。
Mr.Bさんは、いつも楽しそうな方ですが、大事な時はちゃんと
見ていて下さって、Mrs.Bさんを助けて下さる方なのですね。
私も自分自身の事で精一杯にならず、周りを見る余裕がほしいです。
eco |  2011.02.01(火) 19:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/141-55b9ff0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。