2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年03月20日(日)

無言の抵抗!?

最近、パパやママに叱られると、突然立ち止まって、

”バタッ”

と倒れるおんど。そして床の上にゴローンと転がります。

「おもしろい・・」

と、密かに思いながら様子を見ていると、
何やらゴソゴソ、テーブルの下に移動して行きます。

そして、しばらくしてから声をかけると出てきます。

きっと自分の言いたい事がまだ上手く言えないから、
こうやって自分なりに反抗しているのでしょう。うん、まだまだ可愛い。

これが、”ああ言えばこう言う”って、こちらが太刀打ちできないくらいに
なってしまったら、どうしよう・・。
気が強そうなのは確かだし・・今から心配の私です^^;

(でも、つい大きな声を出してしまうパパやママも反省しなくちゃね。
 はちぞうさん、優しく諭すというのはなかなか難しいです・・^^;)
関連記事
スポンサーサイト
14:03  |  おんど  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●呼んだかな?

にゃははは、おんどママちゃん、
呼ばれてしまったので、登場しましたよ♪

私の子は男だったから、おしゃべり女の子とは同じとはいかないけれどね・・・
このまえにも言ったけど、子どもはまずは親の言動から言葉を覚えるからね。
おんどパパとママが、どちらかというとママが「ああ言えば、こう言う」だったら、ママと同じようになるよ。
優しく諭すっていうか、叱るときは何が悪いのかをちゃんと教えて叱るのが大切だよ。
ただ、頭ごなしに「何してるの! ダメでしょ!」じゃなくて、それをするとどうしてダメなのかもちゃんと教えること。単純に、そんなことするとママが悲しいとか、かたずけないとご飯が食べられないよでもいいの。
大声で叱るだけだと、恐怖しか子どもは感じないし、怖かったことしか覚えていないからね。

おんどちゃんの、バタッ!
可愛いね♪
ちゃんと自己主張してるところ、それも大切だよ。
パパとママの愛情をいっぱい感じていてくれてると思うよ。
はちぞう |  2011.03.22(火) 22:56 | URL |  【編集】

●はちぞうさんへ

はちぞうさん、お呼びたてして申し訳ございません!(笑)

年末にお会いした時のはちぞうさんのお言葉が、
今でも常に心に残っているのですが、普段の生活の中では
なかなか上手く対処できない事が多いです・・。
叱る時の理由って、いざとなると説明するのは結構難しいと
感じています。
でもこれからは、はちぞうさんのアドバイス通り、
難しく考えすぎないようにしますね。

今日、この話を主人としたんです。
そしたら、「なぜ食事中に遊んだらいけないのか」
穏やかに説明してくれていました。
その後の雰囲気はとっても和やかで、私も嬉しかったです(^^)
はちぞうさんのおかげです!ありがとうございました。

「ママと同じようになる・・」 これはかなり恐ろしいですね。
いつも主人と思いっきりやり合っていますから・・^^;
うわ~やばいです!!以後、気をつけます!
eco |  2011.03.23(水) 06:06 | URL |  【編集】

●言い忘れた!

そうそう、言い忘れてたけど、
子どもが今やっていることが、してはいけなことだったら、モチロン叱ると思うけれど、どうしてそれをしているのか理由も聞いてあげてください。
実は良かれと思ってした結果が、悪いことになってしまっていることもあります。

「優しく諭す」っていうのは、実は、私の母の母が得意だったらしいです。
私が子育てしているのを見て「あんたは、ちっとも怒らんで、エライわ。」とか言いながら、「自分の親(母の母)も、絶対に大声で叱ることはなかった。ちゃんと諭すように言っていた。」って教えてくれました。
私は、母の母から教わったわけでなく、自分が小さい頃によく理不尽に叱られて、叱られた理由も全く理解できず、萎縮してしまっていたことがいつまでも記憶に残っていたから、絶対に叱りつけるということはしないと決めて子どもと向き合っていました。それで母に「よく、叱られたけど、全然違うことしてるのに、悪いことしてると決めつけられて怒られたからねぇ。何で怒られてるのかわからんときもあったよ。」と、人の親になって、やっと母の悪いところを何気に指摘できるようにもなったのでした。これも成長だね。
私の怒らない性格は、まちがいなく双方の祖母から受け継いでいます。ありがたいことです。

そんなわけですので、かしこいおんどちゃんのことですから、きっとちゃんと叱られる理由を言えば、絶対にいい子になるし、どうしてそんなことをしたのか理由もちゃんと聞いてください。思いがけないことを教えてくれるかもしれませんよ。
ついでに、ああ言えばこう言うも、こう言うが英語で帰ってきたら、ママの完敗だね。。。
おんどママ、負けずにがんばれ!!
はちぞう |  2011.03.23(水) 21:56 | URL |  【編集】

●はちぞうさんへ

はちぞうさん、こんにちは。

再度コメント、そしてアドバイスありがとうございます。
「実は良かれと思って・・」 本当に仰る通りですね。
私も主人が叱っている時に、自分が冷静だとその事に気づいて
フォローしてあげる事もできるのですが、自分が叱っている時は、
たぶん気づいてあげられていないと思います。
だからおんども、理不尽または納得ができなくて”バタッ”なのかな・・??
なんて思ったりもします。

母親の影響ってすごいですよね。改めて感じました(^^)
はちぞうさんが、職場でも決して大声を上げず、怒りもせず、
感情を抑えられていた理由が分かったような気がします。
(そして、それに甘え続けていた私・・)
私は逆に、はちぞうさんのお母様の立場なのかもしれないです。
母に大声で叱られた記憶がないものですから・・。
となると、次はおんどが穏やかになる・・??あっ、もうこれ以上は想像不可能です^^;

やっぱり子どもも、親にはちゃんと自分の事を分かってほしいものですよね。
まだまだ私自身が子どものようで、情けない気もしますが、
はちぞうさんのアドバイスを胸に、努力していきますね!
今回、この為に時間を割いて下さって、本当にありがとうございました。

(英語で返されると、私が負けてしまうのは確実なので、
もう少し大きくなったら、我が家では”英語禁止令”を出す事にします!^^;)
eco |  2011.03.24(木) 00:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/161-63108b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。