2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年05月12日(木)

もうそんな時期?!

現在の我が家、おんどの学校の事で、頭がいっぱい!!

今年の9月(3歳)からは大丈夫!でも、来年の9月(4歳)からの事で、
ちょっと問題が・・。

基本、4歳からは小学校付設の準備クラス(レセプションクラス)に通うらしい。
ここは義務教育ではないけれど(義務教育は5歳から)、ほとんどの子が、
ここからスタートするようです。

問題は、我が家がシティーセンター内に住んでいる為、
周りに学校がほとんど無い事。
希望の学校に行けるようにするには、その学校の学区内に
引越をした方がいいらしい・・・(しないと入れない?!)
願書の締切が、来年の1月。
そして、我が家が住むフラットの更新手続きは来月!

イギリスに来た時、おんどの学校の事も一応考えました。
でもまだ1才3ヶ月だったので、「まだまだ先の事!」と思い、
生活に便利なシティーセンターの方を選んでしまったのです。

さらに、私たちが希望する学校に関しては、Ofsted(イギリス教育水準査察院)
の評価があまりよくないので、それほど人気がないとも聞いていました。
なので、学区外でも余裕でいたのだけれど・・・実際はそうでもないらしい。
(なぜ、子どもを思う親が、敢えて評価が低めの学校を選ぶかというと、
学校がおんどパパの職場に近く、同じような境遇の子が多いからなのです。)

でも、できるなら、引越しはしたくない。
生活はかなり不便になるし、正直、いつまでここにいられるかも分からない。
引越した途端、また他へ!なんて事になったらイヤだな~。
かと言って、引越ししないまま、ずっとここにいる事になったら、
もっと困る事になるのだけれど・・^^;

イギリスの学校選びは、本当に大変のようです。
選択できる事はいい事だと思うけれど、その為に、様々な問題が
起こっているようです。
日本のように、住んでいる所によって、行く学校が決められていたなら、
どれだけ楽だろう・・。

一番の心配は、おんどが通える場所が無くなってしまう事。
(厳密には、家から通えない程、遠くの学校になってしまう事。)
そうならない為に、まだまだ奮闘中の我が家です!

(※まだ私自身が、イギリスの学校制度の事を十分に理解していない為、
  とても曖昧な表現になっています。)
関連記事
スポンサーサイト
21:13  |  学校  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●大変よねー

うちの近所、たくさん子供がいるようなのに、同じ学校の子は少ないんです。
次女の学校はOfstedでの評価は低く、私立校に行く子が多いみたい。
夫の会社が学校選びのコンサルタントを付けてくれるのですが、
彼女の一押し(というかここしか見学させなかった)がここ。
学校の予算ではExtra Englishの先生をつけられないので、
夫の会社がお金を出しています。
会社としては同じ学校に外国人社員の子供が集まる方が都合がいいんです。
(という事情は、引っ越してきて初めて知りました)

この学校の勉強だけで、Grammer Schoolに行けるとは思えません。
だから評価が低く、お金がある人は私立を選ぶみたいです。

でも、いい学校だと思います。日本の学校に比べるとお勉強はゆるーいんだけど、
校長室に行くときの礼儀や、授業中先生に話しかける方法など
日本よりも厳しいルールをみんなが守るのは驚き。
(こんなにゆるーいのに「校長先生が厳しい」と愚痴るママにも驚き)

同じような状況(外国人)の子が多いなら、その学校が受け入れに慣れている、
ということでしょうね。
やはり言葉のフォローは必要なので、そういう学校の方がいいものね。

って、実際自分では一切手続してないんでわからないけど(苦笑)
少しでも学校の近くに引っ越した方が有利なんですってね...

日本のね、幼稚園から中学までほとんどメンバーが変わらない地域ってのも
大変みたいよー...
中学生のいじめの原因が「幼稚園の年少の時、無視したから」だったと
聞いたときは、ぞっとしたもの...
Chun |  2011.05.13(金) 20:37 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

今回のChunさんのお話、とても興味深く大変参考になりました!

次女ちゃんが通っている学校の事情は、私たちが希望している
学校の事情によく似ています。
Ofstedの評価は他の学校に比べると低めですが、
実際に見学した時、十分満足できるような雰囲気でした。

Chunさんが仰る通り、その学校は外国人の子が多いので
英語を話せない子が多く、英語の授業に力を入れているそうです。
なので逆に言うと、英語が話せるようになった子は物足りなくなり、
転校する子も出てくるようです。
なぜChunさんは、その事情がお分かりに?!(すごい!!^^)

1年半後のおんどの英語がどうなっているかは、微妙なところですが、
先生方や周りの子供たちが、そういう状況に慣れているという事は、
重要なポイントだと思っています。

ここで、1つ質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

Chunさんご家族は、駐在でこちらにいらっしゃっているので、
いつか(近い将来)、日本に帰られる事になるのではと想像しています。
ロンドン駐在員の方々等が、日本に戻った後の学校の勉強の事が心配で、
いろいろ苦労している・・という話をよく聞くのですが、
Chunさんは、次女ちゃんの学校を選ぶ際はいかがでしたか?
会社のコンサルタントさんの為に、選択肢がなかったでしょうか?
それとも、必要以上に心配はされていらっしゃらなかったでしょうか?

私自身、そういう事にかなり疎く、あまり気にしない方なので、
(本当にできる子ならできるはず!と楽観的!笑)
お聞かせ頂けると嬉しいです。
もちろん、関係ないでしょ!と思われましたら、余計なお世話だと
仰って下さって構わないです(^^)

日本のお話を聞いて、私も恐ろしくなりました・・。
上手くいっているのだったら、ずっと一緒は最高でしょうが、
そうでない場合、逃げ場もなく大変な事になりますよね・・。
本当に、どちらも一長一短ですね^^;
eco |  2011.05.14(土) 00:00 | URL |  【編集】

●うちの場合...

「日本に帰る」が前提なので、こちらの学校に期待することは
極端に言うと「英語」だけだったんです。

学校の選択はセカンダリー優先で「長女を受け入れてくれる
セカンダリーの近くの学校」という選択しかなかったんです。

当初は2年の予定でした。
こちらに来る前に専門家に「2年では英語の習得は無理」と
言われたのですが、ならば「英語に集中」してもらおう、と。

ところが次女はもともと「言葉」好きなので、あっという間に
英語が上達しちゃって。それにつれて日本語力が低下。
あわてて2年目からは、日本の勉強を再開させました。
8年も日本語環境にいたし、家は日本語だからと思っていたので
次女が「今きまーす(I'm coming!)」と言った時は驚きました。

英語については、フォニックスが能力別であったこと、Extraの
授業を受けさせてもらえたことなど、思ったよりもよかったです。

ロンドンは選択肢が多いのでねぇ。塾もあるし。
友人もインター、現地校か日本人学校かで悩んでましたよ。

やはり長女の進路を考えると、頭が痛いですよ...
帰国枠で入ると英語のレベルについていけなさそうだし、
一般入試でどこまでがんばれるかビミョーだし。
(長女の学校はいろんな意味でいまいち、なんですよ(涙))
次女くらいのタイミングで来るのがベストかもしれませんね。

おんどちゃんは、ちょっぴり早くお勉強が始まっちゃうけど、
イギリスの学校は楽しいので大丈夫だと思います。
算数だけでは、日本式でも教えてあげてください。
計算の速さが断然違います!
Chun |  2011.05.14(土) 02:25 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、早速のご回答ありがとうございます!!

1日に2度も時間を割いて頂く事になってしまって、
申し訳ないです。でも、とても嬉しかったです!(^^)

Chunさん家のご事情、よく分かりました。
2人のお嬢さんたちの学校の事を考えなくてはいけなくて、
本当に大変だったと思います。

それにしても、次女ちゃんすごいですね♪
Chunさんの教育方針と次女ちゃんの性格がマッチして、
専門家さんが言われた事を覆してしまいましたね!
子どもの能力は本当に、無限大です。

きっと、いろいろ問題が出てくるとしても、あれもこれもと
欲張らない方がいいのですね。
もし次女ちゃんが、学校の勉強に対しても、ものすごく期待されて
いたら、のびのびと英語を身に付ける事ができたかどうか
分からないですものね。
(Chunさんのお嬢さんなら、できたかもしれませんが!^^)
その辺りを見極める事も、親の責任として重大ですね。
とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

実は、長女ちゃんの進路の方が大変なのですね。
大学受験となると、また話は別ですものね。
長女ちゃんも、現地の学校で本当によく頑張っていると
思います。
2人とも、海外でもちゃんと順応できるお嬢さんたちで、
本当によかったですね!

おんどの事にもアドバイスをありがとうございました!
そうですよね。イギリスの学校は楽しそうですよね♪
はい、算数の事、ちゃんと覚えておきます!(^^)
eco |  2011.05.14(土) 04:29 | URL |  【編集】

●あー!

ちょっと乗り遅れちゃったわ(笑)。
Ofstedは目安にはなりますが、評価が低いから悪い学校とは言えませんよ。
確か3年ごとに行っていて、情報は古いものだと3年前。
3年たてば、生徒も先生もかわります。
うちの子供たちの通う学校も前回は低めな評価でしたが、昨年の評価では随分よくなっていました。

義母がいうには、大切なのはセカンダリーだそうで、それまでは子供が毎日楽しければOKなんだそうです!

シティセンターで学校が少ない、とのことでしたね?
希望されている学校の校区内ではないということでしょうか。
確かに、校区内の希望者が優先されるので校区外だと確実に入れるという保障はないです。
一応フォームに希望理由を書く欄があるのでそこに「どうしてもここ!」と書くこともできます。
その学校はナーサリーがありますか?
だいたい、ナーサリーに通っていればレセプションにも優先してあがれるんですが。
Mrs.B |  2011.05.14(土) 17:52 | URL |  【編集】

●もうそんな時期なんだね。

こんにちは!

お久しぶりです。もうそんな時期なんだね。早いものです。そういえば、そんな話していたなあと思って読みました。

学校選びって大変だよね。うちに見学に来る親とかみながら、大変だなあとおもうよ。希望がとおるといいね。
ばんばん |  2011.05.14(土) 21:29 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

沢山の貴重な情報をありがとうございました!
乗り遅れただなんて、とんでもない!(笑)
Mrs.Bさんのおかげで、私のあやふやだった事柄が、
確証に変わりました!
さすが、こちらで地に足がついた生活をされていらっしゃる方は
違いますね(^^)

学校の事は、なぜ「人気がある」と言う人もいれば、
「人気がない」と言う人もいるのか、すごく不思議だったんです。
(その方々のお子さんが通った時期は違っていました。)
それは、先生や生徒が入れ替わるからなんですよね。
3年も経てば、事情も変わってきますよね。
やっぱり自分の目で見る事が、一番大切なのかなと思いました。
(私の場合、ちゃんと判断できているのか少々不安ですが・・^^;)

仰る通り、希望の学校は校区外なんです。
そこにはナーサリーもありまして、ちょうど今年9月からの入学はOKとの
報告を受けた所です。
でも、今通っているプリスクールも、後1年通えるという事が判明したので、
もしかしてこのままの方がいいのかな・・?とも悩んでいる所です。

以前私も、ナーサリーに通っていると、優先的にレセプションにも通えると、
聞いた事がありました。
でも、そこに頑張ってバスで通ったとしても、願書提出の際に
校区外に住んでいたら、やっぱり優先度は低くなるのかな・・と思うと、
引越しするしかないのかな・・とも思っています。
今日は、一応家探しに行ってきたのですが、どうするのが一番なのか
正直、頭が混乱中です・・^^;

本当に大切なのは、セカンダリーなのですね!
今そこまで全然考えられていない状況ですが、先の見通しができて、
すごく気持ちが楽になりました。
それ以前のプライマリーの間は、子供が楽しく過ごせる事を一番とし、
親としても、心に余裕を持つように心がけていきます(^^)

本当に重要なアドバイスをありがとうございました!
今まさに知りたかった事ばかりで、とても助かりました。
今後とも是非、よろしくお願い致します!

(今回、Mrs.Bさんのブログで、学校関係の記事を沢山読ませて頂きました。
 学校毎に、いろいろと事情が違う事もあるのですね。
 とても参考になりました!^^)
eco |  2011.05.15(日) 01:22 | URL |  【編集】

●ばんばんへ

ばんばん、こんにちは。

コメントありがとう!!とっても嬉しいです♪

そうなの!もうかれこれ1年以上、引越しについて
言い続けているよね。
本当に、切羽詰まらないと動けない私たちです・・^^;

今まで、学校を選ぶという概念が全くなかったので
(少なくとも小中学校に関しては)、正直かなり戸惑い気味です。
私たちが住んでいた所は田舎だったし、校区内の公立学校に
行くのが当たり前だったよね?

スウェーデンも同じように、学校は選択制なのかな?
どこの親も子供のために、一所懸命になるのだね(^^)

しばらくの間、引越しの事で頭がいっぱいになるだろうけれど、
またチャットでお話しようね♪
eco |  2011.05.15(日) 02:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/178-a6e87427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。