2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年05月15日(日)

引越関係 その1

先日はおんどの学校関連の事で、沢山のアドバイスを頂きました。
(Chunさん、Mrs.Bさん、本当にありがとうございました!)

今現在も引越し検討中の我が家。でも、ちょっと引越しに向けて
動き出したので、その進捗状況を綴っていきたいと思います。

まずは家の事。
希望する学校Aの周辺は、築100年以上という家が立ち並ぶ住宅街。
昨年、実際に見学をした事があるけれど、

・部屋が狭い(これは想像を遥かに超えた!)
・壁やドア等、中がボロボロ
・よく物が壊れる&修理屋さんが来ない(これはいづこも同じ!)
・家の構造上、冬はかなり冷える
・道に面して、すぐにドアや窓がある

等、他の選択肢があるのなら、絶対に住みたくないと思った所でした。
そしてスーパーも遠く、一番近い所で1マイル以上はあるようです。

比較の為、私たちが住んでいるフラットはというと、

・1Bedroomでも十分の広さ(上記の家1軒分の広さはある)
・比較的新しい建物の為、中は綺麗
・壊れそうな物は山ほどあるけれど、何とかもっている
・地上4階の為、冬はそれほど寒くない
・管理人さん&防犯カメラでセキュリティーは万全
・最寄のスーパーまで徒歩3分

今思いつくだけでも、これだけの違いがあります。
何より一番大きな問題は、これだけの違いがあるにも関わらず、
家賃の差額は月£100、学校の近くの家の方が高い!!

「何の為に、ここまでして引越しをしなくてはいけないのだろう・・?」

「すべては、おんどの学校の為!」

これが今、私たち夫婦が葛藤している部分です。
分かってはいるけれど、なかなか踏み切れません!
(厳密には、義務教育が始まるまで後2年の間に、他に行く可能性が
 無きにしも非ず・・という事情も^^;)


話は変わって、私が子どもの時、実家の家は何度か引越しをしました。
今の実家の場所に来た当時、私は3歳で、引越しの事は全く
覚えていないのだけれど、その前に住んでいた高富(岐阜)の事は
何となく記憶にあります。

今の実家がある場所(岐阜県庁付近)は、もちろん車があった方が
便利だけれど、なくても十分生活できる程、生活環境が整っている場所です。

でも引越しした当時、その周辺は何もない田舎だったそうです。
それが今は、近くに駅もでき、スーパーも沢山できて、とても便利な町に
変身しました。(まだ家の前には、田んぼや畑があるけれど!)

昔から父には、ここの場所を選ぶ時に、本当に様々な事を考慮したと
よく聞かされました。そして、ここを選んだ事は正解だったと!
(今、私もその通りだと思います!)

その頃、私は話を聞いていただけだったけれど、今思うと、
子どもの事や生活の事を考えながら、この大きな買い物をするのは、
本当に大変だったのだろうな・・としみじみ感じています。

大人2人だけだったら、動くのはどんなに楽だろう・・と、
ふと思ったりもするけれど、やっぱり私たちの大切な子どもの事!
というわけで、火曜日に”唯一空きが出る家(1つしかない!)”を
見に行ってきます!(^^)
関連記事
スポンサーサイト
21:55  |  引越&家  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

これが日本だったら、「すこしぐらいがまんして、学校のことを考えたら」って
言うかもしれないけど、ここはイギリスなのでねぇ...
うちの家は築13年ですが、設備はすべてそのころのもので
現在のものに比べると、暖房の効率などかなり悪いです。
逆に友人は築何百年という家に、最新式の設備をいれて改築したので
どちらが住みやすいかは...
家の新しさだけで判断できないなんて、日本では考えられませんよね(苦笑)

たしかにMrs.Bさんが言うように、プライマリーよりもセカンダリー。
長くいるならばセカンダリーまで見据えた家選びが必要でしょうが
そこまで長期でないならば「安全」重視するかもしれないなぁ。

ちなみに長女のセカンダリーの申込書には、行きたい学校と
受け入れてくれる学校の二つしか書きませんでした。
ナーサリーに行きつつ、そこしか申込みをしない、ダメならリストに、
ってのは、だめかしらねぇ...
Chun |  2011.05.16(月) 10:47 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

Chunさん家は、一軒家に住んでいらっしゃるのですね。
築13年だと、ここではすごく新しい部類に入ると思ったのですが、
そういう問題もあるのですね・・。
日本でも住宅の問題はありますが、こちらの事情に比べたら、
大した差ではないように思います。
ここでは本当に家の判断が難しいと感じています^^;

長女ちゃんの時は、2つに絞ったのですね!
その結果は、いかがだったのでしょうか・・?(気になる・・笑)
そうなんです!我が家のもう一つの選択肢は、まさにそれなのです!!
主人曰く「あぶら汗たらしながら、最後までチキンゲームを
するかどうか・・」だそうです。
でも私、臆病者なので、そこまで割り切れるかどうか・・
しかも保険会社にも勤めていましたし!(笑)
(でも、保険がいかに現実的には無駄になるものだという事も、
知ってしまっているんですよね・・でもそれが保険!^^;)
eco |  2011.05.16(月) 22:04 | URL |  【編集】

●私も

その希望する学校のナーサリーにまず9月から通うことをおすすめするかな。
住む家は大事ですよ~。
家が住みづらいと毎日が嫌になっちゃいます。

で、申込書には、その学校しか書かない。
ナーサリーと学校は連携しているはずなので、入れる可能性は大ですし、おんどちゃんも早くからお友達ができていいですよ、きっと。
うちのところは、ナーサリーから頻繁に学校へ訪問をしていて、子供たちも慣れるているから安心です。

うちは、校区内ではありますが、二人とも、この学校しか申込書には書きませんでした。
Mrs。B |  2011.05.16(月) 22:40 | URL |  【編集】

●うちの場合

行きたい学校は人気校で学校から「ウェイティングリストに載る覚悟で」と
言われていましたが、日本人数名が帰国で入学辞退との情報もあったので、
ダメもとで書いてみました(やっぱりダメでした)。
もう一つの学校は、どちらかというと不人気校だし、どうも外国人を受け入れて
成果を上げることで評価機関からの評価をあげたかったようで、もちろんOKでした。

次女の方は校長先生からはOKいただいてたので、一校だけ申込み、
希望通りの学校になりました(学区内に住んでいます)。
同時期に申し込んだ一つ上の韓国人はOKもらってたのに駄目だったので、
イギリス人の転入生が多かったら、うちもだめだったかもしれません。

万が一、もう2年以上となったら、次女はセカンダリーですが
長女がすでに通っているので、優先的に入学できる予定です。
Chun |  2011.05.16(月) 23:52 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

やはり、学校付設のナーサリーがお勧めなのですね。
Mrs.Bさんのお子さんたちのお話を聞かせて頂いて、
子どもにとっても、それが一番いいのだろうなと
思いました(^^)

希望する学校は3つまで書けるようですが、
すべて書かなくてもいいのですね。
今のフラットが校区内の学校となると、インド・パキスタン系の
人々が住む地域となり、ほぼ100%その子ども達だけに
なるようです。
なので、もし選べるのなら、そちらより多国籍の方が
いいのかなと考えました。

具体的な学校対策の方法まで教えて下さって、
本当にありがとうございました。本当に助かりました!
よく考えて、結論を出したいと思います(^^)

家の事についても、ほぼ1日中家にいるのは私なので、
簡単には妥協しにくいです^^;
明日、もう一度ちゃんと家を確認してきますね!
eco |  2011.05.17(火) 00:17 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、

再コメントありがとうございます!
私、お返事を強制してしまったようで・・すみません。

具体的なお話は、本当に役立ちます。
いろいろ教えて頂けて、本当にありがとうございました。

学校の受け入れは、ある程度予測ができるものの、
最後の最後まで本当に分からないものなのですね。
最後まで油断禁物ですね!

学校の優先順位に、兄弟姉妹が通っている事もあるんですよね。
いろいろと条件があって、これは決める方も大変だろうな・・
と思ってしまいました。
でも、イギリス滞在が長くなっても、次女ちゃんに関しては、
もうかなり安心ですね!
でもそうなると、今度は長女ちゃんの事が出てくるでしょうか。
子どもの事で落ち着けるようになるのは、いつになるのでしょうね!^^;
eco |  2011.05.17(火) 00:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/180-3bd8a370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。