2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年06月06日(月)

不思議・・

うちのおんどは、食の好き嫌いがありません!

今日も夕飯に出した納豆を、美味しそうにバクバク食べていました。
毎回その光景を見ては、私はどうにも不思議で仕方がありません。

おんどは離乳食が始まった時から何でも食べました。
今でもピーマンやセロリ等、苦味やクセのある野菜も全然平気!
特にお魚は大好きで、こちらでよく手に入る鯖や鰯や鮭は
「まだ食べる!」 と言い続ける程です。

あまりに何でも食べるので、最初の頃は「味覚が無いんじゃ・・??」
と真剣に心配したものでした。
けれど、大阪を引越す際に手伝いに来て下さったおんどパパの両親が
差し入れして下さったドーナツを、食パンより好んで食べているおんどを見て、
「大丈夫みたいだよ!」 とお母さんが言って下さったので、
ようやく安心したのでした(^^)

反対に私はというと、子どもの頃から結構好き嫌いがありました。
何でも食べられるようになったのは、大人になってからです。
納豆なんて小学生の時に初めて目にした時は、その匂いで吐きそうでした^^;
なので、こんなに小さな時から何でも食べられる事が、
本当に信じられないのです。

でも、うちのおんどパパは、全く好き嫌いがありません。
何でも食べられるのはもちろんの事、食事に対して決して文句を言いません。
私の用意した食事はどんなものであろうとも、最後まで必ず残さずに
食べてくれます。

「おんどは、その血を受け継いだのだろうか・・??」

躾もまだ始まらないような生後半年から、何でも食べられる理由が
未だによく分からないです・・^^;

でも、これは本当に良い事尽くめなのです!
食材選びに気を遣う事は一切無いし、どこに出かけても安心!
本当に助かります(^^)
実家に帰省する際も、何でもバクバク食べるおんどを見て、
両親も、「作り甲斐がある!」 とすごく喜んでくれます♪
(さすがに納豆には驚いていた様子だったけれど・・^^;)

その中でも一番良かったと思えるのは、躾に超厳しいおんどパパに
毎回叱られなくても済む事!正直、ホッと一安心です^^;

以前、どこかで
「子どもの10人に9人が、ピーマンを食べられないのに、
その9人をダメと決め付ける方がおかしい」 といったような文章を
読んだ事がありました(かなり曖昧)。 う~ん、一理あるかも・・。
私自身、その9人の方だったので、それを聞いて納得していたのだけれど、
今度はおんどが、その残りの1人の方になるのだね・・。
でもここでは、皆も普通も無いに等しいので、周りに関係なく
思いっきり個性的な子になって欲しいと願う私だったのでした(^^)
(話が飛躍し過ぎ・・^^;)
関連記事
スポンサーサイト
21:01  |  おんど  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●すばらしいっ!

なにかとうるさい(あ、失礼)おんどパパさん。
ecoさんが料理上手なのでしょうが、食べ物に対して何も言わない、
というのは本当に素晴らしいことですよ!!
おんどちゃんも、本当にいい子よぉ。

私の父も兄も、あまり食べ物に関して細かいことを言わないんです。
ところが...
うちのうるさいくんは、本当に食べ物にうるさい、うるさい...
味付けにもうるさいし、髪の毛とか魚の鱗は必ず夫のお皿に入ってる。
高校生までは残すと義母にどつかれるので(大阪南部ですから)、
いやいや乾物や野菜を食べていた反動で、大人になったら
好き嫌い全開になったのだそうです...
(今は私が義母に「甘やかしすぎ」と怒られてます。えー私?)

子供を育てるのって、難しいわねぇ(笑)
Chun |  2011.06.07(火) 06:33 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

あはは!本当にそうなんです!
もう細かすぎて、こっちが疲れてしまいます・・^^;

いえいえ、私は料理上手どころか、結婚するまで料理をした事がなく、
結婚当初は、3時間も前から夕食の準備を始めるほどの酷さでした!
主人が食べ物にうるさくなかった事が、結婚の決め手だったと言っても
過言ではありません!(笑)

Chunさん家の”うるさいくん(笑)”はすごいですね!
子どもの時に我慢し過ぎると、大人になってから反動がくるのですね^^;
で、その被害がChunさんに?!

と言いつつ、実はうちの実家の父も同じタイプなんです・・。
私は逆の流れだったのでよかったのですが、Chunさんの場合は、
とやかく言わない→うるさいに変わって、本当に大変だったでしょうね。
けれど、そのおかげできっと、Chunさんの料理の腕が格段に上がった
のでは・・と思います(^^)
私はその逆で、本当に何も言われないので、どんどん手抜きに
なっていきます・・^^;

お義母様に「甘やかしすぎ」と言われるChunさんも災難(?)ですよね。
今後は厳しくされてみますか?(^^)
eco |  2011.06.07(火) 07:11 | URL |  【編集】

●すごいすごい!

本当に何でも食べられるんですね、おんどちゃん。
うちは長男は割と何でも食べるほうですが、ピーマンは×ですねぇ。
二人ともとりあえず、何でも試してはくれるのでありがたいですが。

私自身は食事に関して本当に母に苦労をかけた子供だったので…今更ながら反省。

あ、Mr.Bも食べ物を無駄にすることに関してはものすごく厳しくて、
「アフリカでは多くの子供たちが…」って言っていますが子供たちにはいまいち伝わっていません。
私は「これはダディが一生懸命働いてるから買えるんだよ」と言っています。
このほうが子供たちにはわかりやすいみたい。
Mrs.B |  2011.06.07(火) 21:35 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

私は、子どもは好き嫌いがあって当たり前だと思っていたので、
長男くんのようにピーマンが×とかの方が、何だか安心します。
”大人になると味覚が変わる”とは聞いていましたが、
実際に私もそうだったので、何の心配もないです(^^)

Mrs.Bさんも、子どもの頃はお母様に手を掛けさせるお子さんでしたか!
私は強制されなかった事をいい事に、「これ嫌い!あれ嫌い!」と、
好きな物以外はほとんど食べませんでした。
今では何でこんなに美味しい物を嫌がったのか、不思議で仕方ありません。
本当に両親に対しては申し訳なかったです・・^^;

Mr.Bさんも食事に関しては厳しくていらっしゃるのですね。
お子さんたちには、まだよく分からないかもしれないですが、
こういう姿勢を貫く事が大切ですよね。
なので、うちもすごく厳しいですが、ある意味とても頼りにしています。
Mrs.Bさんのお子さんたちは、ちゃんとお父さんが働いている事の価値が
分かるのですね!お利口さんですね♪(^^)
うちのおんどは、一度お金で遊んでいた事があったので、同じように
説明をしたのですが、「分からない」と言いました・・^^;
eco |  2011.06.07(火) 23:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/193-8d143330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。