2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011年06月10日(金)

お稽古事

昨日、いつものようにCBeebies(幼児番組)を見ていると、
ナーサリーに通っている子どもたちが、習い事をしている様子が
映し出されていました。

ある子はバレエ、ある子はラグビー、ある子は歌&ダンス。
イギリスでも小さい頃からお稽古事をするんだなぁと、初めて知りました。

うちのおんどは今3歳。習い事を始める歳としては1つの目安になります。

いろいろな習い事があるけれど、どうしても将来に渡って出来るように
なって欲しいと願っている事が、「ピアノ」 と 「水泳」

この2つは、私たち夫婦に共通する趣味であり特技です。
子どもの情操教育&体力づくりの為にも、この2つは譲れないです。

というものの、具体的には全く何もしていません!(笑)

私自身、7歳の時にピアノを習い始めたのだけれど、ちょっと遅かったと
言われていたので、おんどにはもう少し早めに・・と思っています。
でもおんどパパは、「プロになるわけでもあるまいし・・」
と、あまり気にしていない様子。
(ピアニストになる素質があるかもしれないじゃん!と密かに思う私・・^^;)

でもピアノを始める為には、それを用意する必要もあるわけで・・・
今の状況では、やはりすぐには始められないです。

では水泳は?

おんどは生まれた時からお風呂が大好きだったし、水も全然怖がりません!
なので、泳ぎの素質があるかも?!と、密かにずっ~と思っていました。
(完全に親バカ!^^;)

私たちが住むCity Centreにはプールはないけれど、隣町には
子どものスイミングスクールがあるようです。(大きい子用?)

以前、東京に住んでいた時に通っていたスポーツジムには、
幼児(赤ちゃん?)とお母さんが一緒にプールで楽しむという
コースがありました。
その光景を見て、いつか私も・・と思っていたものです(^^)

もうおんどはお昼のおむつは取れたし、これからは夏になるので、
一緒に水遊びができる場所をちょっと探してみようかな?と
思った私でした(^^)
関連記事
スポンサーサイト
09:52  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●スポーツセンター

をあたってみるといいでしょうね。
3歳だとまだ小さいから、レッスンじゃなくてママと一緒に子供用プールで遊ぶ感じかな?
これだと、予約はいらないです。
ただし、時間帯が決まっているかもしれません。

うちの長男は今週一でレッスンに通っていますよ。
確か5歳くらいからスタートできます。
一期12回のレッスンで、55ポンドだそうですが、レッスンに通うと、
他の日に何回遊びに来ても無料なんです。
場所によって違うと思いますが、参考までに。

ちなみに、このレッスン代は義母が払ってます。
(我家にはその余裕が…)

あと、ドラマスクールに通っている子も多いですよ。
おんどちゃん、未来の女優さんなんてどうかしら?
Mrs.B |  2011.06.10(金) 19:42 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

スポーツセンターですか!これは大人専用だと思っていたので、
盲点でした!
それでしたら近くにもありますので、調べてみます。
いつも色々と快く教えて下さって、本当にありがとうございます!(^^)

長男くんは水泳のレッスンを受けているんですよね♪
日本のように、こちらの学校にはプールが無いようですし(見た目)、
イギリスの人たちは、どうやって泳ぎを身に付けるのだろうと
ずっと不思議に思っていました。
5歳くらいから習えるのでしたら、心配はいらないですね。

長男くんのレッスンは、確かお義母様の強いご希望で実現されたように
覚えています。
では、お義母様のご好意に甘えてしまいましょう!(^^)

ドラマスクール・・?聞き慣れない言葉でしたので、
ちょっと調べてみたのですが、楽しそうですね♪
表現力が豊かになって良さそうです!
女優ですか!それは想像もしませんでした!(笑)
Mrs.Bさん家の美男子兄弟くんたちの方が、現実味があるように思います(^^)
eco |  2011.06.11(土) 17:28 | URL |  【編集】

●早期教育、早期教育(笑)

私もピアノを始めるのが遅かったので、耳が悪いのはそのせいだと
思っていました。
娘を持ってわかったのは、「耳のいい子、聞く力のある子」は
根本的に違うってことです。

長女は基本的に「聞く」気がない子なので(涙)、音をとるのもリズムも苦手。
でも、その気になれば根気はあるの(なかなかその気にならない)。

次女は自分が聞いて気に入った曲は、ほぼ再現できます。
耳がいいのと、「聞き分ける」努力を自然にするみたい。
でも上達するまではすごく努力するけど、ある程度に達すると
全く興味をなくしてしまうのよー(涙)
去年、学校でフルートを始めたのですが、あっという間に上達。
フルートのクラスでも一番上手(親ばか)なので、飽きてきたらしい(涙)
ピアノはキーボードのデモのメヌエットを、楽譜なしでほぼマスター。
じゃあとバイエルをやらせてみたら、左手の楽譜が読めないことが判明(大泣)
努力が嫌いなので、もちろんそれからバイエルの本を開きません...

たぶん、ecoさんにもおんどちゃんの力がわかってくると思います。
おんどちゃんのタイプに合わせて、ピアノとの付き合い方を考えればいいかも。
それまでは、ecoさんの好きなピアノの曲をたくさん聞かせて
ピアノ=楽しいといういいイメージを植え付けるのが大切だと思います。
(うちの娘たちは、胎教にモーツァルトを聴くとお腹で動いたんです。
好きなのかなと思ったら、生後、モーツァルトをかけるたびに大泣き...)
Chun |  2011.06.14(火) 00:14 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

Chunさんもピアノを習っていらっしゃったのですね!
私たちが子どもの頃はピアノ全盛期で、クラスのほとんどの女の子が
ピアノを習っていませんでしたか?(^^)

同じ親御さんから生まれても、一人一人子どもの性格や能力等が違うのは、
いつもとても不思議に思うと同時に、とても興味深いです(^^)
(自分の兄弟を見れば一目瞭然ですが・・^^;)

次女ちゃんの才能、もったいないですね!
耳も良くすぐに上達できる能力があるのに!(私が欲しい!笑)
確か、今9歳(誕生日を迎えて10歳?)でしたよね。
このくらいの年頃の子に、さらなら努力を求めるのは、
厳しいでしょうか・・。
今後、次女ちゃんがどこまでいっても飽きないような何かに巡りあうのが、
楽しみですね♪

おんどへのアドバイスも、ありがとうございます。
今のところ、歌も踊りもおもちゃのピアノもドラムのまねっこも
大好きなようですので、無理強いはしないようにします。
これからは1日中、クラシック音楽がかかっている家庭にしようかな?(^^)

実はChunさんのお嬢さんたちは、モーツァルトがかかるたびに、
お腹の中でイヤ(?)で暴れていたのでしょうか??(笑)

「耳が良い、聞く力がある」といえば、私も結構自信があったのですが、
学生時代に始めたヴァイオリン仲間(音楽科)の子たちが、半音の違いを
確実に聞き分けていた事、その後主人が、久石嬢等のピアノ曲を耳コピで
完全にマスターしていた事を知って、完全に自信喪失になりました・・><。
上には上がいるものです・・^^;
eco |  2011.06.14(火) 18:53 | URL |  【編集】

●そうなのよー

上には上がいるのよ(涙)。
自分を振り返ると10歳でも努力していたから、性格によるのでしょうね。

子供のころ、「赤い激流」というドラマが流行って、水谷豊がラ・カンパネラや
テンペストを弾くの。私ら世代の「いつかは...」という憧れの曲だったの。
でも、ピアノを習っている子は楽譜を見てあきらめるわけ。
ところが、高校生の頃、独学でマスターしちゃった男の子がいてね。
私は中2で先生から、希望していた音大のピアノ科にははいれないと
宣告(大げさ)されて、音大を受験しないと決めたけどずるずる続けてたの。
その時初めて、「あー、ピアノって楽しめばいいんだ」とわかったのでした。

今は、なぜ先生にそういわれたのか分かるの。
私、先生の言うこと聞いてなかったし、理解してなかったのね。
その時に気づけば、まだ可能性はあったと思うのよ。
今ならちゃんと言うこと聞くのにー。でももう指が動かない(涙)

長女は、人の言うことも「音」も聞かない人(苦笑)
次女は、環境に左右されるので、レベルの高いクラスに入れたら、
とたんに目の色が変わると思います。
ピアノには遅いけど、フルートはまだまだ大丈夫。
ほほほ。まだあきらめてないわよー(笑)

次女がピアノでトルコ行進曲を弾きたがってるの。楽譜見せたら
逃げてったので、弾き写し(っていうの?)させようかな。

モーツァルト、嫌いだったみたいねー。足の形がわかるくらい暴れたもの。
キース・ジャレットの昔のライブかけたら、パタッと止まったの。
びっくりして気を失ってたのかしらね(爆笑)
Chun |  2011.06.14(火) 20:36 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、再コメントありがとうございます!

水谷豊のドラマは知らないのですが、ラ・カンパネラやテンペストは
メロディーがとても綺麗ですし、弾きたくなりますよね!
私は簡単バージョンしか弾いた事がないのですが(笑)、
本物の楽譜を見た時は、すごく驚いた覚えがあります・・^^;

Chunさんは音大を目指していらっしゃったので、かなり厳しい特訓を
受けられたのでしょうね。
私の周りには、ピアノを楽しむというよりは、やらなければいけない・・
という気持ちの方が強かった子が結構いたのですが、
Chunさんもそのような心境でいらっしゃったでしょうか?

私の場合は、始めた年齢が遅かった事をかなり強調され、
知らない間にレッスンを受けていたヤマハ音楽教室の
ピアノの先生になる道を歩まされていました。
(でもあまりの先生の厳しさに耐えられず、辞めてしまいました・・^^;)

仰る通りです!今でしたら、私も頑張って先生についていきます!(笑)
ピアノを習っていた事が決して無駄になったとは思っていませんが、
両親が買ってくれたピアノやレッスン代や中途半端な技能の事を思うと、
途中で辞めてしまった事を、ちょっと後悔しています・・。
なので、おんどには・・と!(笑)

次女ちゃん、もちろんまだまだこれからです!
フルート奏者、美しいですよね~(^^)
ちょっと真面目に譜面の勉強をしたら、あっという間にピアノも
いけるかもしれないですよ!子どもの才能は無限大です!(^^)

(↑久石”譲”でした。失礼しました・・全くお恥ずかしい^^;)
eco |  2011.06.15(水) 00:20 | URL |  【編集】

●私は7級

ヤマハもグレード5級くらいから、すごく大変そうでしたね。
高校の友人も2級を持ってましたが、しんどいと言ってました。
私たちの時代は、ヤマハでは音大は無理なんて言われました。
わたしは幼児科ジュニア科で、ジュニア科からピアノを始めたので
音大に通ういとこに「絶対、音大は無理」と言われ、悔しかったんです。

でも、結局はヤマハではピアノの基礎を教えてくれなかったので、
父の転勤を機に癖の矯正がうまい個人の先生につきました。
1回のレッスン代が、ヤマハ1か月分。
半年間、音階練習だけ、次の半年間は音階とツェルニーだけ。
つらい一年でしたが、癖を直したら本当に弾きやすくなりました。
次の転勤まで3年間、その先生について最後に「宣告」されたわけ。
怖い先生で演奏の最中にふたを閉められたことも(汗)
それでも、ピアノは大好きで一度もやめようと思いませんでした。

私の時代のジュニア科は、今よりもずっと自由度があって、
即興演奏やバリエーションなどのびのびやらせてくれて、
本当に楽しかったです。かなり難しいレベルまで楽典も教えてくれたし。

今のヤマハは、音楽を楽しむというクラスと、本格的にやるクラスが
わかれていて、「楽しみましょう」クラスだと昔ほどきちんと楽典を
教えないので、小学生でも楽譜読めない子もいるのよー。
きちんとやってほしいと思うと、「じゃあ、こちらのコースに」って
お値段の高いコースや先生をすすめられたり...うーん。
Chun |  2011.06.16(木) 19:15 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、沢山のコメントありがとうございます!

いきなりですが、ごめんなさい!Chunさんのお話が専門的過ぎて、
私にはもうついていける範疇ではなくなってしまいました・・><。
私は当時、音大どころか大学に行く事さえ考えた事もなかった
のほほん子どもでして・・^^;

ピアノは母曰く、本当はエレクトーンを習いたいと言い出したから、
お願いしに行ったのだけれど、ピアノの方がタッチがしっかりする。
ピアノを弾ける子はエレクトーンも弾けるけれど、エレクトーンを弾く子は
ピアノが弾けなくなると説得(?)され、始めたとの事でした。
ただただピアノが好きで習っていたのですが、そのうちに楽しめなく
なってきてしまいまして・・^^;
実際に辞めてから、また自分で勝手に楽しんで弾くようになりました。
(なので人に教える事はできないです・・^^;)

私が通っていた高校・大学には音楽科があったんです。
その子たちの競争心は凄まじく、見ていて恐ろしいものがありました。
でもそれくらいの気持ちがないと、上にはいけないのかも知れないと
思いました。
(本当に上手な子は、気持ちに余裕があったように見えましたが。)

Chunさんのお話を読みながら、あの子たちもきっとそういう道を
歩んでいたのだろうな・・と懐かしく思うと同時に、すごく厳しい世界
なんだな・・と改めて実感しました。

Chunさんのお話からですと、そのものすごく厳しい先生のレッスンを
受けていらっしゃったのが、小学校高学年~中2の頃なんですよね。
その忍耐力、本当に驚きました!でも本当に好きだったのでしょうね。
私が言うのも何ですが・・本当にもったいないです!
是非、次女ちゃんに弾き写しでも何でも教えてあげて下さい!!(^^)

今の時代は本当にスゴイですね!何でも用意されているのですね。
確かヤマハは、英語教室も展開していますよね。
子ども自身、まだ自分では選択できないでしょうから、
親さんの方が大変なんだろうなぁ・・と思ってしまいました^^;
eco |  2011.06.16(木) 20:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/197-e75594fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |