2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年06月22日(水)

葛藤中

先日もお話ししたように、最近おんどの英語がすさまじい勢いで
伸びてきています。

昨日おんどパパが、プリスクールで教室の中を密かに覗いてみると、
おんどがお友達に英語で話しかけていたとの事でした。
その話を聞いて無性に嬉しくなった私は、家で少しだけおんどに
英語で話しかけてみる事にしました。(ついに我が家の英語解禁?!)

その時のおんどの喜び様ったら!!
興奮してキャーキャー言いながら、ものすごく楽しそうでした。
夜になっても、「またあの英語の やろーよー!」 と何度も誘ってきます。

今まで私は、おんどには日本人として絶対に母国語である日本語を
身に付けて欲しいと強く願い、家での英語を頑なに拒否していました。
パパが英語で話しかけようものなら、ムキになって怒ったものです。
なので、私に英語を教えてくれる方々から、「英語の練習の為に、
子どもに英語で話しかけたら?」と言われても、決して実行しませんでした。

けれど、あの嬉しそうなおんどの様子を見たら・・・ きっとおんどは、
英語が分かるようになってきた事、そしてそれが使えるようになってきた事が
すごく嬉しいのだと思います。

でも、それは私だって同じ!
できることなら一日中、私も英語漬けになりたい。
昔アメリカに滞在していた一年間は、まさに英語漬け状態でした。
一日中英語を聞き、英語を考え、英語を話す!
だから今よりも、断然スムーズに会話ができていました。
もし可能ならば、あの環境をもう一度味わってみたい!!

と言うものの、今の私にはまだ日本語の会話と同じように、
おんどに英語で話しかける事はできません。
でもいいんです。日頃から常に英語を話す習慣を身に付けたいのです。

という事で、これはおんどの為というよりは、むしろ自分の為に、
一日の中で ”英語であそぼ!” の時間を作ってもいいかな・・?
と考えている私でした。
(今後の事は、また今後考えようっと!って、そんなに私の英語が
おんどに影響するわけないか・・^^;)

※今は毎日のように、「おんどは日本語も英語も話せるんだね!すごいね!
バイリンガルだね!」 と褒めています。
これでこれからも、両方とも頑張ってくれないかな~(^^)
関連記事
スポンサーサイト
11:07  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●おおーっ

おんどちゃん、すごいねー。
今、うれしくて仕方がないのね。

特に日本語も発展途上の時期なので、難しいよね。
次女は8歳だからもう大丈夫だろうと思ったけど
やっぱり日本語が苦手になりつつあります。

時間を区切っての「英語であそぼ」は、いいかもしれませんね。

でもね、心配が。
何かとうるさい(しつこい!)おんどパパが「ママは一貫してない」って
言ってこない?(うちの夫ならそういうので)
Chun |  2011.06.22(水) 22:30 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

仰る通りです。最近、日本語の方もかなり身に付いてきたので、
英語も少しはいいかな・・なんて思っているのですが、
実際はまだまだ日本語もこれからなんですよね。

先日お聞きした次女ちゃんのお話。
思いもよらず(?)英語が身に付いてしまったとの事で、
子どもにとって環境というのは、ものすごく影響するものなんだなぁと
ひしひしと実感しています。(もちろん性格にもよりますが!)

あはは!Chunさん、めちゃめちゃ鋭いです!
すでに昨夜の時点で、主人にはちゃんと文句を言われました・・。
「あれだけ怒ったくせに!」と!(笑)

”こうすれば絶対に大丈夫!”といったようなバイリンガル育成用の
マニュアルがあれば・・・と切に願います・・^^;(他力本願!笑)
eco |  2011.06.22(水) 23:08 | URL |  【編集】

●難しい

事柄ですよね。
ご存知のとおり、我家もバイリンガルには程遠く…。
これは、私自身が英国で行きぬくため、英語一本だったことが原因ですが…。

で、実はMr.B(当時4歳)も子供のころ海外に住んでいたんですよ。
オランダ(アムステルダム)なのですが、3歳年上の姉は今でもオランダ語ぺらぺら。
通訳もできるほどです。
が、Mr.Bは、オランダ滞在時は、オランダ語が母国語だったのにも関わらず、
英国に帰国後、すっかり忘れてしまったそうですよ。
英語の習得に必死だった、と本人はいってます。

年齢もかなり影響するんですね。
でも!女の子は一般的に語学に優れていますから、
おんどちゃんも、chunさんの娘さんたちもいい感じかも?
Mrs.B |  2011.06.23(木) 06:07 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

本当ですね。今まで「家では日本語のみ」という考えが
ぶれた事は一度も無かったのですが、子どもが成長するにつれ、
どうすべきが一番なのか、正直分からなくなってきてしまいました。

我が家は日本人ばかりなので、もちろん基本は日本語になるのですが、
もし私が英語を話す方々ばかりの環境にいたら、私も英語に傾くと
思います。そして実は、Mrs.Bさんの環境が羨ましくもあるのです。
(私は英語圏にいて英語を話す必要があるのに、どうしても日本語に
引っ張られてしまうので・・。)

Mr.Bさんは帰国子女でいらっしゃるのですね。
お姉さんのお話をお聞きすると、同じくらいの歳に思えても、
結果は異なってくるのですね・・。
一人一人、言葉の習得状況や滞在年数等は様々なので、
やはりマニュアル化は無理でしょうか・・?^^;

我が家は、イギリスにいつまでいるかは全く不明なのですが、
きっと日本に戻る可能性は、限りなく少ないと思います。
なので、余計に日本語に固執してしまいます。

Mrs.Bさんのお子さんたちも、最近日本語に目覚め、
Mrs.Bさんご自身も今は余裕がおありでしょうから、
これから一緒に学んでいけるのが楽しみですね♪
eco |  2011.06.23(木) 07:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/201-8905a388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。