2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年07月19日(火)

新しい家 その1

ようやくネットが繋がりました!

引越しは一応無事完了。その間おんどのプリスクールも無事終了し、
9月からのナーサリーの先生方の家庭訪問も程なく終わりました。

今回の引越しは近場&荷物が少ない為、比較的楽だと予想していたものの、
大間違い!!本当に本当に疲れ果てました・・><。

家自体については古いので、ある程度の事は仕方がないと思っていたものの、
実際に家の中に入ってみると、もうビックリ!

ゴミは散乱しているし、庭にはゴミ箱から溢れんばかりのゴミの山。
どデカイTVは置き去りだし、キッチン用具も全てそのまま・・。
(これらは全て前居住者の所有物)
まるで夜逃げの後のようでした!><。

まずはこの時点で、かなりガックリ状態・・。

続いて、窓は5枚中1枚しか開かない。ガスコンロは火が点かない。
床はクリーニング(掃除さえ)もされておらず、埃で喉が痛くて痛くて
仕方がありません。
さらには、部屋の所々に蜘蛛の巣が張っており、ちょこちょこいろんな蜘蛛が
出てきます。(さすがにこれには怯えましたが、もう慣れました・・^^;)
TVのアンテナの線は切れているし、洗濯機も1日に2回まわすと
動かなくなりました。(わざわざ時間を空けたのに・・><)

「前のフラットに戻りたい・・」 心底そう思いました。

これらの状況の中から、最低限の事を不動産屋さんに相談するも、
大家さんは 「一切何もしない」 との回答。
入居前の依頼と共に、全て却下されました。

全ての交渉はおんどパパがやっていてくれたのだけれど、
さすがに、「もう不動産屋とは、話しもしたくない・・」 とおんどパパ。

私たちは日本人。基本、求めるレベルが高いかもしれないけれど、
イギリスではそのレベルをかなり下げています。
(しかもおんどパパは、元々どんな状況でも適応可)
それでも、かなり高い家賃を払ってこれではあまりだと思いました。

「前の人は、今までどうやって住んでいたのか教えてもらいたいくらいだ・・」
とおんどパパ。

でも、ここで暮らすと決めた以上、何とかするしかない!

という事で、大きな掃除機やら扇風機やら掃除道具一式を買い込み、
大掃除をして、何とか落ち着く事ができました。

イギリス生活3年目にして、物凄い洗礼を受ける事になったのでした。

※不動産屋さんに窓が開かないと伝えたら、"old" の一言で終了。
家の下見の時に、窓が開く事を確認しなかった事をすごく後悔。
でも、ついている窓が開かない事があるなんて、想像もしなかった・・。
(周辺の家々の窓は開いていたし・・)
また、下見の時に、きちんと閉まらないドア(2枚)の事を伝えておいたものの
大家さんは何もせず。これは想定内。
でも、それにもかかわらず、家の状態の報告書には "good" との表示。
すると、「ドア自体は動くのだから、閉まるか閉まらないかは問題ではない」
との事。呆気にとられるというのは、こういう事なのかもしれない。
何でもありだなこの国・・。

※※こんな家でも(笑)、実は気に入っている場所があるんです。
それはキッチン♪前回のフラットでは、お洒落だったけれども、
ちょっと使いにくい所がありました。
でも、ここの作りは、まるで日本のキッチンのよう。
キッチンだけのこじんまりとした場所で、光も入るし、小窓も開きます。
ガスコンロはチャッカマンを使わなくてはいけないし、オーブン&グリルは
恐ろしくて使えないけれど(これはかなりイタイ・・^^;)、
ここだけは私のお気に入りなんです♪(^^)
関連記事
スポンサーサイト
11:11  |  引越&家  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●引越し大変だったね。

おんどママさん

お久しぶりです!引越しどうなったかなあと気になっていたんだよ。そっか、大変だったねえ。それにしても、窓の話とか、おいおいそれってありかよ、っていうくらい、おかしいんですけど。スウェーデンだともう少ししっかりしているかも。

今度のうちは、イギリスによくある、2階建ての細長い家?少しお庭がついているような。

家が見つかっただけでよしとしようと前向きに考えても、この状況では私なら、いらいらして大変だったと思うよ。

よくがんばったね!

Pedagogiskamagasinet |  2011.07.20(水) 17:45 | URL |  【編集】

●ばんばんへ

ばんばん、こんにちは。

気に掛けていてくれてありがとう!うん、本当に大変でした!(笑)

スウェーデンでは、もっとしっかりしているんだね。
イギリスでも前のフラットの時は、お願いをするとすぐに対処してくれたから、
きっと大家さんの問題なんだろうな・・って思っています。
一番苦痛だったのは、これらは私たちの常識が違うだけで、イギリスでは
当たり前の事なのかな~と思い、どこまで言うべきなのか分からなかった事かな。
(ただの我がままにはなりたくないしね・・)

そうそう、今度の家はまさしくその通りの家!テラスハウスと言うみたい。
何で知っているのかな?(^^)

私もかなりイライラしたよー!!もう逃げ出したくなるくらい!(笑)
これで何とか落ち着いたので、また休み中におしゃべりしようね!
eco |  2011.07.20(水) 21:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/209-603e4442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。