2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年08月12日(金)

複雑

先日おんどパパと、ちょっといさかいになりました。
こんな感じです↓

我が家が知人に対して、「是非、家に遊びに来て下さい」と言いました。
その人は、「是非、行きます!」と言いました。
でも結果、その人は家には遊びに来ませんでした。何故かというと、
その人には行けない明確な理由があったからです。
(後から知った事だけれど、それは最初から分かっていた事。)

私はというと、それはあり得る事だと思いました。
せっかく誘ってくれているのに、即行で断る事によって、その場の雰囲気を
壊したくなかったのでしょう。付き合いの深さにもよるけれど、大抵の場合、
きっと私も同じような対応をすると思います。
相手への思いやりからくる、ホワイト・ライだと思うのです。

けれど、おんどパパは違いました。
明らかな理由があるのなら、その場でちゃんと言ってもらいたい。
そういう対応は、逆に相手に対して失礼だと。

そんな風に相手に受け取られる場合があるのだと知って、私は驚きました。
確かに言われてみれば、適当にあしらっているようにも聞こえるかもしれない。
でも話している側にとっては、そんなつもりは毛頭ないのです。(たぶん・・)

人の受け取り方は人それぞれ。
自分の発言がどのように相手に受け取られるのか・・気にし始めたら
切りがないです・・^^;
関連記事
スポンサーサイト
13:49  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●そうだなぁ

先約があるなど、きちんとした理由がある場合はその場でお断りするのが誠実かも。
誘った側もわかりやすくて、次のお誘いもしやすいじゃないですか?
状況がわかりませんが、日取りが問題だったのであれば、その場で別の日にしたりできますし。
お家に誰かが遊びに来る場合、準備等もありますしね。

あら、おんどパパと同じ意見ってことだわ。

Mrs.B |  2011.08.13(土) 19:04 | URL |  【編集】

●どの程度の

約束だったかによりますよね。
日時もきっちり決めた約束であれば、きちんと断るのが筋。
理由を言いたくなかったのであれば、後日電話なりメールなりでも連絡するとか...

でも、基本的にイギリス人って、そういう気の使い方はしないのでは?
「よかったら今度家に来てね」くらいの約束なら、調子のいい人はいますけど、
きちんとした約束の時にはyes、noをはっきり言うように思います。
適当にいい顔をすると、たいてい「じゃあ、いつ?」って話が展開していきます...

お隣の奥さんは、とっても忙しい人だし、足も悪いんです。
だから「お茶でもどう?」と誘われても、気を遣って断ってました。
英会話の先生に
「イギリス人は気を使って「お茶でも」なんて絶対言わない。
イギリス人がそういう時は大丈夫な時だし、何よりお茶を断るなんて失礼よ!」
と言われました。
それ以降は用事がない時は、お誘いを受けることにしています。

明日は夫の同僚宅にお呼ばれ。
彼らの長男君8歳が、うちの夫を気に入って...
初めて会った時にサッカーをやって、「楽しかったよ」と言ったばかりに(?)
次に会ったときは一時間サッカーにつき合わされ、翌日筋肉痛になりました。
今回は「人生ゲーム」の英語版を持参し、サッカーを辞退する予定。
これも最初に「お前、上手いなぁ。またやろうな。」といい顔した「ツケ」です(苦笑)
Chun |  2011.08.13(土) 23:33 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

初めにすみません!私の頭の中にだけその状況があって、記事上では、
全く説明していませんでした。
(ちょっと感情に任せて書いてしまったようです・・^^;)

我が家はよく引越をするのですが、日本で引越をした際に、
「引越をしたので、是非遊びに来て下さい」と言ったんです。
よくある光景ですよね。
でも結果、そこに住んでいた2年の間に1度も来なかった、と言う事でした。
(我が家の滞在期間が2年になるとは、その当時は分かりませんでした。)
先日ふと、その話が持ち上がり、ちょっと口論になってしまったのです。

仰る通りで、近々その予定を決めようとしているのだったら、
ちゃんと言ってもらった方が、その人の誠意を感じます。
でも今回の場合は、期限が分からない”いつか”だったので、
相手もムキになって「絶対に行けない」とも言わなくてもいいだろうし、
こちらもムキになって「その時に行けないと言うべきだ」とも言わなくても
いいのでは・・と思ったのです。
主人にはもう少し、相手が何故そのように言ったのか、その心内を
考えて欲しかったのです。

長々と失礼しました。前提が違うので、Mrs.Bさんも困ってしまいますよね・・。
あっでも、一般的な状況でしたら、きっとMrs.Bさんは主人と同じように
考えられる方なのでは・・と想像していました(^^)
eco |  2011.08.14(日) 00:13 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

状況説明が不完全にも関わらず、想像し得る範囲で沢山コメントを
書いて下さってありがとうございました。
状況についてはMrs.Bさんへの返信コメント↑で書かせて頂きました。

その通りだと思います。どの程度の約束かによりますよね。
今回は日本での出来事だったのですが、日本不適応者(?)の主人には、
全く理解ができないようでした。
(でも、主人を擁護するつもりではないのですが、いつも本音で
ぶつかって来る人は、時には厳し過ぎてイヤなのですが(笑)、
やっぱりとても信頼できます^^)

日本以外で社交辞令を言うと、大変な事になるようですね・・^^;
韓国でも、「今度是非、家に遊びに来て下さい」なんて思ってもいないのに
言ってしまったら、本当に全員が集まってしまうという話を聞きました。
英語圏でもそうだとよく聞いた覚えがあります。

Chunさんはお隣の方のお茶のお誘いを断っていらしたのですね。
Chunさんの思いやりですよね。そんなに気を遣わないで下さい、と。
このように具体的なお話を聞くと、本当に文化の違いを感じます。
でもこういう文化に慣れてしまえば、すごく生きやすいような、
そんな気がします(^^)

Chunさんのご主人は、こういう発言をされる(できる)方なのですね!
ちょっと驚きました。きっと人付き合いも上手なのでしょうね。
うちの主人はいつも本音ばかりなので、時々隣にいるとヒヤヒヤします・・^^;
今回の事で、ご主人もちょっとは学ばれたでしょうか?(笑)
でも私も同じタイプなので、ちょっと耳が痛いです・・^^;
eco |  2011.08.14(日) 01:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/222-67bfcabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。