2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011年10月12日(水)

初!個人面談

今日はナーサリーの個人面談の日。
初めての事でちょっとドキドキしながらも、たった10分の事だから!と
気楽に構えながら教室へと向かって行きました。ところが、何が何が!
先生の話が始まった途端、私はいきなりガツンとやられてしまったのでした^^;

何とおんどは、”自己主張ができる”との事!

おんどが遊んでいたおもちゃを、他の男の子が持って行ってしまった時には、
取り返しに行って "NO!" と言ったらしい。
他にも、男の子の手を掴んで本のある所へ行き、「ここに座って!」と言って
本の読み聞かせをしたり(しかもその日は1日中ずっと連れ回したらしい・・^^;)
年上の女の子の手を引いて、外に遊びに出かけて行ったり・・。
「まるで先生のようだよ!」 と先生方は笑っていました。

いやはや・・もう私は心底ビックリしました!!
もちろん家では自己主張をするおんどだけれど、外ではいつも大人しくて
静かな子だと思っていました。プリスクールでもいつも1人で遊んでいた
みたいだし・・。それがナーサリーに来た途端、この豹変ぶり!!(笑)

きっとおんどは毎日ナーサリーに通うようになって、英語や周りの環境にも
慣れてきて自信がついてきたのだと思います。
そっか~だから、「ナーサリー好き?」って聞くといつも、「うん!ナーサリー
楽しいよ♪」って言うし、「ナーサリーに行きたくない!」なんて、今まで
聞いた事もないんだ・・。
たった10分の話と、ちょっと軽く見ていたけれど、これは嬉しい誤算!!
先生方、なかなか鋭い所を突いてきます!^^;

しかし、あまりにも "She is strong!" を強調されるので、だんだん心配に
なってきて、「それって・・いい意味なのでしょうか・・?」と尋ねてみたところ、
御二方揃って "YES!" との事。ああ、よかった・・^^;
こういう所、イギリス、好きだなって思います♪(^^)

あまりに夢中になりすぎて、10分のところが結局15分にもなってしまいました。
(後の親御さん方、ごめんなさい!)
そして、あまりにもおんどが楽しそうなので、「私も毎日通いたいな・・」と、
つい思ってしまった私なのでした^^;

※もう1つ。おんどは”本が大好き!”との事。
家でも「そうなのかな~?」とは思っていたけれど、先生方からもその事を
言ってもらえて、とても嬉しくなりました♪
私自身があまり本を読まなくて、その弊害を今ひしひしと感じているので、
おんどには本が好きになって欲しい!と強く願っていました。
『毎晩子どもに絵本の読み聞かせをしてあげた親は、子どもに3000万以上の
価値の財産を残してあげた事になる』という話をどこかで読んで以来、
私はおんどに絵本の読み聞かせをする毎日です(^^)
(おんどはこれが、本当に嬉しいみたい♪)
関連記事
スポンサーサイト
22:26  |  学校  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ニュアンスがわからないよねー

初ペアレンツイブニング、無事終了でよかったですね。
おんどちゃん、たくましいですね。
もう少ししたら、お約束もしてきたりして?

strongと言われると、「気がキツイ」ってこと?と思いますよね。
次女もcompetitiveと言われ、いいことなのか悩みました。

shyやsensitiveという言葉は、必ずしもいい意味ではないそうですね。
言葉って難しいですねぇ。

幼稚園で字を教え込む場合もあるようですが、自然と年長くらいになると覚えていますよ。
といいつつ、長女は全く字に興味を示さず、ずいぶん焦りました...
次女は、本が好きだったので、勝手に覚えてしまいました。
おんどちゃんも本好きだから、無理に教えなくても覚えちゃいそう。

おんどちゃんが自分で読めるようになっても、続けてあげてね。
(って、私はギブアップしちゃったんですが...)
読み聞かせにも流儀があって、臨場感たっぷりにという人と
子供に想像する余地を与えるために、できるだけ淡々とという人がいるんです。
いろんな考え方があるのでしょうが、だれか正解を教えて!と思ってました...
Chun |  2011.10.13(木) 07:57 | URL |  【編集】

●Chunさんへ

Chunさん、こんにちは。

ありがとうございます。余裕のつもりで行ったのですが、
良い意味で予想を裏切られました!(笑)
はい、我が子ながらその逞しさに驚きました!
もう母親の私の方があたふたです・・^^;

仰る通りです!私も「気が強い」と言われているように感じ、
自分の感覚だとそれはあまり喜ばしい事ではないのでは・・と
思ってしまいました。(確かにおんどは気が強いのですが!笑)
でも先生方はニコニコしていらっしゃるし・・。その様子をどのように
捉えるかも国によって違うのですね。これは勉強になりました!
そしてここでは、競争心があるという事も良い事なのでしょうね!(^^)
(密かにうちのおんどは、もう日本ではやっていけないのでは・・
なんて思っています・・^^;)

文字の読み書きの事、さらに教えて下さってありがとうございました!
”自然と年長くらいになると覚える・・”とは、本当に目から鱗でした!!
”勉強は教えてもらって覚えるもの”という感覚が、もう身に染みて
しまっているようです・・><。
親が子どもの自発的に学ぶ力を知らなくてどうするのでしょうかね・・^^;
本当に目が覚めたような思いです!!
大変貴重なご意見に、心から感謝します!(^^)

絵本の読み聞かせは、正直私も努力している・・といった感じです。
(自分に本を読む習慣がないものですから・・)
でも、できる限り続けていきたいと思っています(^^)
私もどこかで、淡々と読んだ方がよいという話を読んだ事がありました!
私も正解が知りたいです。
(少なくとも私は、淡々とは読めないようです・・笑)
eco |  2011.10.13(木) 19:02 | URL |  【編集】

●こちらの学校

本を読むことに、すごく力入れていますよ。

本を借りてくるのですが、本人が読むだけじゃなく、
親が、一緒に読んだり、読むのを聞いたり、その後、内容について話したり、
で、ノートにコメントを残さないと、新しい本が借りれないんです。
Lazyな私としてはもう大変…。

強い、おんどちゃん、いいですね!
うちも次男「レセプション好き!」といい始めてほっとしてます。
Mrs.B |  2011.10.14(金) 23:09 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

最近Mrs.BさんやChunさんに、今まで以上にイギリスの学校の様子を
詳しく教えて頂くようになって、少しずつですがこちらの学校が
何に重きを置いているのかおぼろげながらも分かってきたように感じます。
いろいろと教えて下さって、本当にありがとうございます。

こちらの学校では、読書にすごく力を入れているのですか!
本を読む事は大事ですものね・・(しみじみ・・^^;)
でも親ぐるみで読書に取り組むのは、日々の事ですから大変ですよね・・。
私もこれに関しては、かなり努力が必要になりそうです^^;

子どもが楽しそうに学校に通ってくれる事が、こんなに嬉しい事だとは
思いませんでした。生き生きしているおんどを見ると、私まで嬉しく
なってしまいます(^^)
次男くんもレセプションを楽しんでいるのですね♪本当によかったです!
これからも楽しみですね(^^)
eco |  2011.10.15(土) 05:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/245-fce882e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。