2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年03月19日(月)

お呼ばれ♪

先週、おんどパパの同僚ご夫妻からディナーに招待されました。
こういった交流は久しぶりなのでドキドキです♪

旦那さんはイタリア人、奥さんはチリ出身のカナダ育ち、そして国籍は3つある
というお方。しかも話す言葉は4ヶ国語!イタリア語なんて、全く知らなかったのに、
住んでから1ヶ月間でTVを見ていたら覚えてしまったという話・・すごい才能!

今回のディナー、きっとメインはイタリア料理に違いない!と期待して行くと、
予想通り!まずはパンとオリーブオイルが出てきました。まるでお店のようです♪
パンをオリーブオイルに付けて食べるって本当に家庭でもするんだ!と、
もうかなり興奮気味の私です^^;
その次はクリームパスタ。パスタはフェットチーネで、これもまた本格的です!
(少なくとも我が家では食卓に出てきません!笑)
その後はお肉料理とサラダ、そしてデザートのアイスクリームと続きました。
すべてがシンプルなのだけれど、何だかとてもお洒落で素敵なお料理でした♪

このご夫妻、お会いした時からすごく柔らかな雰囲気で、気配りも行き届いているし、
しかもそれらがとても自然な振る舞いでした。私の緊張も一気に解けた程です。
そして、おんどパパからは聞いてはいたけれど、旦那さんは本当に、
”イタリア人らしくないイタリア人!” (失礼!) とても真面目で、穏やかな方でした。
子どもが大好きのようで、おんどの事もずっと可愛がっていてくれました(^^)
また奥さんは、現在フランス語の家庭教師をされているとのお話でした。それまでは、
私と同じようにずっと家にいたとの事。今までに何度も仕事の応募はしたけれど、
残念ながら最終的に採用には結びつかず、外国で仕事を得る事は本当に難しい
と言っていました。でも、4ヶ国語も話すのに?!

すると帰宅途中におんどパパ、「いつもママは英語英語って言うけれど、言葉の問題
じゃないんやよ。外国人が英語で現地の人に敵うわけがない。だから、いかに
特殊技能があるかって事なんやよ。」との事。
でも4ヶ国語を話すって事も、すごい特殊技能なんじゃ・・と思ったけれど、それもまた
難しい問題で、需要があるかどうかって事も関わってくるらしい・・う~ん、納得・・。
だから旦那さんは、昔私が教育について勉強をしていたと言ったら、いかにそれを
活かすか、しかも私がシドニーに行く前によく考えるようにと言ったんだね。
実情をよく分かっている方達の言葉って、重い・・。

さて、最初はかなり緊張していたおんども、旦那さんが次々と繰り出す面白い
パフォーマンスを見るにつれてだんだんと心を開いていき、最後には大笑いをする
ようにまでなっていました。おんどに画用紙でボートまで折ってくれて、
こちらの方がビックリです!(折り紙の事はご存知でした^^)

「こうやって人種を超えて気楽に付き合えるってのが、最高に嬉しいんだよね!」
とパパが最後に言っていたけれど、私も今回は全くの同感!本当に楽しい夜でした(^^)
(でも何だかパパの周りにいる同僚さんは、素晴らしい方が多い気がする!)

※オーストラリアの永住権、健康診断もパスしたそうです!
 きっと後もう少しのはず!!(でもまだドキドキ・・^^;)
関連記事
スポンサーサイト
11:51  |  交流  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●まさに!

ご主人の仰るとおりだと思いますよ!
英語が出来るとか、数学が出来るとかじゃないですね。
その人が、仕事に対して、一体何を提供できるか?が重要だと思います。
日本人には慣れない事ですが、やはり自分を最大限に「売れる」人が
職を得ることが出来るんでしょう。

私のイタリアの方たちのイメージは、よく働き、よく笑い、よくしゃべる、でしょうか。
楽しそうにしているから、真面目そうに見えないのかな?って(笑)。
Mrs.B |  2012.03.22(木) 20:21 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、お返事が遅くなってしまってすみません。

Mrs.Bさんの ”自分を最大限に売れる人” という表現、
すごく分かりやすかったです。
今まで就職面接の時など、自己アピールが大事、とか言われて
いましたが、いまいちピンとこなかったんです。
仰る通り、日本人には抵抗感がありますが、海外にいる以上は、
生き方や考え方を変えなければいけないのでしょうね。
今後の私の課題です!

Mrs.Bさんのイタリア人の方々へのイメージは、とっても良いもの
なのですね♪ 私の場合、本当に申し訳ないのですが、一言で言えば
”ちゃらんぽらん” です・・^^;
なので、就職事情を深刻に話された時は、本当にビックリしてしまいました。
eco |  2012.03.26(月) 19:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/298-2f0627e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。