2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年01月05日(火)

回想録2

「英語が話せるようになるかならないかは、気持ちがオープンかオープンじゃないかだけだ!」
うちのおんどパパはいつも言います。今までに何十回、いや何百回聞いたか分かりません。

おんどパパは英語が話せます。アメリカで五年間勉強した事もあって、生活には全く支障がない
ようです。そりゃ五年も居れば・・と言いたいものの、社会人になってからも諦めきれず、細々と
英語の勉強を続け、ついには仕事を辞めてまでアメリカに一年渡った自分の現状を考えると、
英語を身につける事は、そう易々とできるものではないという事は、身にしみてよく分かっています。
なので、私には反論する術がなく、毎回心の中で 「分かってるよー。分かっちゃいるけど、
今まで三十ウン年生きてきた性格もまた、そう易々とは変えられないんだよー!!」
と、虚しい叫びを上げています。

【More・・・】

話は変わりますが、私の住んでいる街は外国人がとても多いです。人口の半分は外国人
じゃないかと思う程で、その多くがインドやその周辺の国々から来ていると思われます。
(そのおかげで、私たち家族も臆することなく堂々と街中を歩いて行けます。)

なので、教会のToddler Gymに初めて参加した時には驚きました。ほぼ九割がインド人で
皆サリーをまとっています。そして、数人ずつで輪になっているのです。
アメリカでの経験で、人種の違いには抵抗がないと思っていた私だったけれど、さすがに
その輪に入って行くのには勇気がいりました。かと言って、イギリス人の輪にも入って行けません。

なかなかそういう状況に馴染めず、「ママ友達ができない・・」 と嘆いているところに、
おんどパパの例の発言。
「今度パパが、ターバン巻いた人を"友達だ"と連れてきたら、私もサリーを着た人と
友達になりに行くわー!!」・・・悔し紛れに言い放ちました(^^;)

実際、その中からも数人が話かけてきてくれました。話してみると、とっても優しい人たちです。
しかも皆英語がペラペラ。すると、またいつもの虫が騒ぎ始めました。
「迷惑なんじゃない?こんな英語で話し続けたら、とっても迷惑なんじゃない?」
せっかくの機会も、またもや数分でおしまい。あーあ、またやってしまいました(泣)

やっぱりパパの言う通りだね。なんだか性格改善トレーニングみたい。
でも今度会った時は、ちょっとだけ自分本位で話してみようかな。
関連記事
スポンサーサイト
13:08  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/3-6ef71351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。