2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年04月07日(水)

初!予防接種

先日、ヘルスビジターさんが言っていた通り、GP(診療所)からおんどの予防接種の
手紙が届きました。

電話で予約をするようにと書いてあったけれど、電話はこわいので、散歩がてら直接GPに
予約をしに行く事に。

【More・・・】

今日は初GP。緊張しながら用件を伝えると、「今日、接種できるよ」 との返答。
今日はおんどの体調も良さげだし、これは都合いい!と思い、お願いする事に。
(でも、GPは早くても2、3日後の予約でないと対応してもらえないはずでは・・??)

その後すぐに呼ばれ、そこに居た女性に手紙を渡すと、何やら確認の電話をしています。
これが結構長い・・。さすがにおんども退屈になり、部屋を出ようとしていると、もう一人の
女性がぬりえやシールで、おんどの気を引いてくれました。

ようやく電話が終わり、女性が説明をしてくれるには、手紙に書いてある内容は、
2歳前に必要な予防接種だったとの事。今おんどは2歳過ぎ。
なので、おんどの予防接種履歴を確認し、再アレンジをしたとの事でした。
(でも、ヘルスビジターさんが来た時点で、もう2歳目前だったはずでは・・??)

2種類の予定が4種類に増えています。今日だけでは多過ぎるという事で、来週も来る事に。
結果、今日の予定は全く違うものに。

今までに、日本とイギリスの予防接種の内容や時期の違いは何となく調べていたものの、
まさか、内容を変更されるとは思ってもいなかった私。急な事態に驚き、やめた方が
いいのかもしれないとも思ったけれど、説明を受け、たぶん大丈夫だろうと思い、結局
打ってもらう事に。

それにしても、イギリスの注射の打ち方には驚きました。
腕を見せた途端、いきなり針を刺してきます。「えっ?消毒は!?」と、思う間もなく終了。
その後は、綿でちょんちょんと拭いておしまいです。

日本での注射しか知らなかった私はすごく心配になり、すぐさまおんどパパに報告。
すると、「パパが血液検査した時も、そうだったよ」 との事。さすがに終わったら
シールは貼ってくれたらしい。本当に大丈夫だろうか・・と思ったけれど、イギリスが
そうなら仕方がない。そう思う事に。

でも、今日のおかげで、日本でできなかったDPT(三種混合)の追加接種が終わり、
今日本で任意接種となったHibワクチンの接種が無料でできました。
(日本では標準4回接種、1回の費用 7000~8000円程)

今のところおんどに別状はない様子。ホッと一安心。本当に丈夫な子でよかった・・。

それにしても、今日はその1時間余りの時間、本当に疲れました。医学用語はもちろん、
接種についての説明も簡単には理解できません。しかも、注射という重要な内容。
そんな中、決断をしなければいけません。責任重大!!「もしもの事があったら・・」
と、何度思った事か・・。

家に帰った後は、必死で注射の事について調べました。注射の名称(英名)、ワクチン名(英名)
内容、回数、時期、日本との比較、重複する内容について・・などなど。
とりあえず、今のところ変更されたスケジュールに問題はないようです。
それにしても、イギリスの予防接種は数と種類が多い!予防接種に関しての意見は
人それぞれだけれど、親としては、ちょっと多くてかわいそうかな?
でも、それらが無料で受けられる。これはとても意義がある事だと思いました。

今日の初GP。いろいろ腑に落ちないところは沢山あったけれど、何とか無事終えました。
来週もまた行きます。予防接種は仕方がないものの、その他の理由では絶対に行きたくないな・・
と、切に思った私でした。
関連記事
スポンサーサイト
00:00  |  子育て  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/32-b74fd7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。