2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012年06月05日(火)

久しぶりに・・

先日、旅行先のドーバーで宿泊したホステルでの出来事。

今回のドーバーやカンタベリーでは、いつも我が家が利用している格安ホテル
チェーンが見つからなかったので、HP上で見つけた比較的お得なホステルを
利用する事にしました。

さて、初日はとても暑い日だったので、部屋に戻って早速シャワーを浴びようと
したのだけれど、全くお湯が出ない・・。ずっと待っても全然ダメ・・。仕方なく
おんどパパがオーナーを呼びに行って見てもらったのだけれど、「今ちょうど
人が沢山来てしまったから・・ボイラーの温度を上げたからもう少し待って。」
との事。

「えー!信じられないー!!」 と一瞬思ったけれど、ここで文句を言っても、
お湯が出るわけじゃない。部屋を替わるにしても9室しかないし、きっと他も同じ
状況でしょう。オーナーはやるべき事はしてくれたし、仕方なくお湯が出るのを
待つ事にしました。
でもふと、「これが日本だったらどうだったろう・・?」 と思いました。従業員に
文句を言って、部屋を替えろだとか宿泊費を安くしろだとか言う人もいるのでは
ないかな・・??

私が今でもすごく印象に残っている日本での出来事は、伊丹空港で飛行機が
遅延した時に、ある男性がロビーに響き渡るくらいの大きな声で、従業員に
向かって1時間くらい文句を言い続けていた事。正直、すごく怖かったです。
一方、逆にすごく驚いたのがフランクフルトで飛行機が遅延した時の事。
誰1人として文句を言わず、皆自分の次の予定を確認した後は、颯爽と去って
行きました。これ、本当にカッコよかったです。

文句を言ったって、どうにもならない時もある。サービスを提供する側が真摯に
対応してくれた上で、それでも事情が変わらないのであれば、もうそれはその
事実を受け止めるしかないと思うようになったのでした。
(と言っても、これはようやく最近になってできるようになった事。何が起こっても
いつも絶対に冷静な対応しかしないおんどパパの影響もあるだろうね・・^^;
パパ曰く、自分で努力してできる事ではない事に、労力は使わないんだって。)
というわけで、その日おんどパパは水シャワー。私とおんどは、一部水浴び。
そして翌朝は、起きた途端急いでシャワーを浴びに行った私たちでした^^;
(でも、皆もちゃんとお湯が使えるようにと急いで浴びたよ!^^)

それにしてもここのオーナー、「パパも結構すごいけどさー、さすがにここの
オーナーには負けるよ!」 とおんどパパに言わしめる程の完璧主義者!!
何もかもが全て綺麗に整えられていて、沢山の伝言も一切忘れない!
連泊にもかかわらず、部屋に戻ってきたら初日と全く同じ部屋の状況!
最近イギリスの環境に完全に慣れてしまっていて、ホテルではちょっと手抜き
ぎみの私だったけれど、久しぶりに日本人の血が騒ぎ、全てを綺麗にしてこの
ホステルを後にした私でした^^;
(ちなみにオーナーは、ウクライナ出身の方。パパによると、ウクライナ人は
真面目な人が多いんだって。)
関連記事
スポンサーサイト
09:21  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●お湯が出ない

ホテル?ホステル?B&B?に泊ったことはないなぁ(笑)。
水圧が低くて、お湯の出が悪い(ちょろちょろとしか出てこない)というのはありました。

私は豪華なホテル(私にとっては)で日本人のおじさんが、朝食時、
「ここは何も食べるものがない!二度と使うな」と添乗員さんに文句言っているのを目撃したことがあります。
私は、いろいろ選べてかなり満足だったので驚きましたよ。

英国人も、なまぬるい食事が運ばれてくるとかなり文句を言いますよ!
これをみたの、一人や二人じゃないのでたぶん、ほぼ一般的だと思います。

↓私も、ブログは、日本語のリハビリ目的もあるんですよ~。
Mrs.B |  2012.06.05(火) 20:08 | URL |  【編集】

●Mrs.Bさんへ

Mrs.Bさん、こんにちは。

そうなんですか!そんなのイギリスではしょっちゅうだよ。と言われるかな?
と思っていました。となると、貴重な体験だったのですね^^;

人それぞれ満足レベルが違うのは当然ですが、欲を言えば切がないです
よね。こういう方っていつも不平不満ばかりを口にしているのでしょうか・・?
私はイギリスに来てから変に期待をしないようになり、怒る機会も減って
楽になったような気がします。これでどこでも(?)生きて行けそうです(笑)

イギリスの方は、生ぬるい食事は許せないのですね。外食をする機会が
あまりないのでそのような場面を見た事がないのですが、一度出くわして
みたいような気もします^^;

↓Mrs.Bさんのブログは、リハビリレベルじゃありませんよー!
あんなまとまり&キレのある文章を、どうやったら書けるのだろう・・?
といつも思ってしまいます。しかも書く時間、めちゃめちゃ早いですよね!
常に物事をしっかり考えていらっしゃる方なのだろうな・・と思っています。
eco |  2012.06.06(水) 00:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/329-3106cdf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。