2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015年05月25日(月)

簡単じゃないよ!

国際結婚をしている日本人女性が多いオーストラリア。
その為、こちらの日本関連のサイトでは、よく子育てに関して
バイリンガル教育の事が話題になります。

やはり英語だけでなく日本語も身に付けてほしいと願うお母さんは
多いようで、その為のアドバイスが書かれているのだけれど、
一番多いのは、”家庭では日本語で会話をするようにする”という事。

そういう話をおんどパパとしていたところ、
「じゃあ、うちは大丈夫なんじゃない?」とおんどパパ。
「だから、パパがおんどと英語で話し出したら終わりだからね!」
と私が言うと、「じゃあママも、必死になって英語で話したら?」
だって。で、その数秒後、
「でもそうしたら、今度はおんどが、「ママ、もういいわ!私が
日本語話すわ!」って言うかもしれんね!」
と言って、声を押し殺しながら一人で笑っていました。(外食中の為)
(いつもながら、ほんっと、こういう事には頭の周りが早いよね・・。)
そして最後には、「ママは人の心配より、自分の心配したら?」
と、とどめの一言。

でもこれ、哀しいかな本当にその通りで、この先おんどはいくらでも
吸収していくだろうけれど、私の方が四苦八苦してばかりで問題あり。

特に最近は、今までおんどの事をほったらかしにしていた分、
”何か習い事をさせてあげたほうがいいんじゃないか?”とか
”もっと英語も日本語も力を入れたほうがいいんじゃないか?”等、
過干渉ぎみになっていたので(日本では”毒親”って言われてる?)
関心の矛先を自分に向けた方がいいかもしれない、と思ったのでした。

*海外に住めば子どもは勝手にバイリンガル(しかも4技能ともOK)
になるもんだと思い込んでいたけれど、それは本当に大きな間違いで、
今更ながら、その事に気づく事ができて本当によかった。
日本に居た時は、帰国子女は日本語も英語も両方ともできて当たり前
だと思っていたけれど、彼らがどれ程大変な思いをして身に付けたかと
思うと、本当に心から反省、そして尊敬します。
関連記事
スポンサーサイト
10:54  |  子育て  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/379-a9d781ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。