2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年01月19日(火)

英語圏に居ようとも

「しばらく日本語を話す機会が無かったから、英語がスムーズに出てくるようになった!」
帰ってきてから間もなく、おんどパパがそう言いました。
(何て羨ましい発言!!でもそれって、うちらがいると問題があるって事・・??)と
腑に落ちないながらも、イギリスに来てから、ずっと感じていた事を思い出しました。

ある日の事。家族三人で道を歩いていると、向かいから中国人の集団が。
そして通り過ぎる際、ためらう事なくいきなり中国語で私たちに話しかけてきました。
(このような事は、今までにも何度も経験済。中国の人々は、容赦なく思いっきり
中国語で話しかけてくるので、こちらの方がビックリしてしまいます・・。)

【More・・・】

いつも通り、日本語での会話の真っ最中。突然の事で、頭が英語に切り替わりません。
「Ah..」と言いながら、(「私たちは中国人ではありません」、だから・・)と、必死で
日本語を英語に訳していると、頭上から「ペラペラペラ~」と聞こえてくる英語。
すぐさまパパが、「うちらは中国語を話さないよ。日本人なんだ」と伝えています。
そして彼らが過ぎ去った後、「今みたいに言えばいいんだよ」とアドバイス。

いやいや、私だってそれくらいの英語は知ってます。
けれど悔しいかな、咄嗟に口から出て来なかったのは事実。解決したのはパパの方。
しかもすでに私は、イギリスに来てから同じような経験を幾度となくしているのでした。

今から七年前、アメリカに居た時の事。私は恐れを知らない子どものように、とにかく喋りました。
それはそれは、恐ろしいほどめちゃめちゃです。
それでも、自分の事を知ってもらいたくて、自分の考えを分かってもらいたくて、
まさに”恥も外聞もかなぐり捨て”状態で、赤ちゃんからお年寄り相手に、喋り続けました。
私の辞書に”自信”という文字はない!と、ずっと思っているこの私でさえ、帰国間際には、
「あと一年居られたら、普段の生活に困らないくらいには、英語が上達するだろうに!
残念無念!!」と思った程です。

今回イギリスに移住が決まった時、七年のブランクがあるとしても、すぐに話す感覚は
元に戻るだろうと高をくくっていました。でもすでに半年が経過しているにもかかわらず、
未だ英語で話かけられると、すぐに返答ができません。
挙句の果てに、「こんなに話せないとは思わなかった・・」とパパから言われる始末・・。
(私だって、自分がこんなに話せないとは思わなかったよー!!)と、またまた虚しい
心の叫びを上げています。

アメリカに居た時との大きな違いは、ただ一つ。英語を話す(英語に触れる)時間の絶対量が
完全に少ない事。当時は、周りには日本人がおらず、人との会話は常に英語。
一人で居るとき以外は、ずっと英語を聞き、英語を話し、まさに英語漬けの日々でした。

今はと言えば、生活の99%が日本語のみ。生活するだけなら、ほとんど支障はありません。
頭の中は常に日本語。なので、急な英語に対応できません。
それどころか、日本語からの英作文もしょっちゅう。ほんと、ひどいもんです・・。

当時、アメリカ在住の主婦さんに、「もう四年も居るけど、なかなか英語が上達しない・・」
と言われた事が。「今まで四年間も何をしていたんだろう??」正直、そう思ってしまいました。
でも実際、同じ立場になると状況は一緒。でも、同じ結果になるわけにはいきません。
これからおんどは大きくなって、学校に通うようにもなります。いつまでも、パパばかりに
頼ってもいられません。

と思いつつも密かに、’この先、おんどに通訳をしてもらうってのもいいかな~♪’ なんて、
思ったりもするのでした(結局は、他力本願!?)
でもそんな日は、もしかしたら本当にそう遠くはないかもしれない・・ママは複雑な心境です(^^;)

パパ曰く、「今のママの任務は、毎日少しでも多くの人と会話をする事。慣れるしかない!!」
全くその通りです・・ハイ。今後できる限り努力します。
関連記事
スポンサーサイト
02:13  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eco1109.blog9.fc2.com/tb.php/6-7fc18b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。